痴女Mania

痴女Mania

欲求不満な淫乱女性と、女性主導で責められたい男性との出会いをお手伝いします。手コキ・足コキ・言葉責めなどの痴女プレイや目隠し・アナル責めなどマニアックなプレイで変態痴女の攻め技に悶絶してみたい方は相性抜群です。

当サイトはSMパートナーとの出会いや、同性愛者のSMパートナー探し、女性も安心して参加できるSMイベントやコミュニティを紹介。安全なSMプレイの楽しみ方や体験談も豊富!

SMパートナーを探す

女を超えた男!NHの凄テクに魅了される

昨今のAVやTVの影響も大きいようで、新しい刺激を求めにNHとの出会いを求めるノーマル男性も増えています。男性のカラダを熟知しているNHのフェラテク、アナルの魅力を学ぶならパートナー選びはニューハーフ1択です。

ギャルがブサメンを逆痴漢した結果@平日朝のY線電車内【SM変態LOVERS】

ガタンゴトン、ガタンゴトン。
平日朝の、混み合う山手線の車内。

渋谷駅で乗車したあたしは、ドア前に立ち、イヤホンでEDMを聴きながらスマホ片手に、

『例の年下大学生、超カワいくて最高だったぁ♡あの後、ジュリは誰とどこにいたのー?』

というアユミからのLINEに、なんて返信しようか頭を抱えていた。

 

筋肉質イケメン好きのあたしが、数時間前、まさかのマヂラブ・ピンク似のブサオジに、SMルームで抱かれてイッたことを、自分の中でまだ消化しきれてない。

だけど、いくら信じられなくても、あたしがブサオジのセックスで何度もイッてしまったのは事実だ。

『次はー、代々木、代々木、お出口は左側です……』

ドアが開くと、通勤の乗客がドドドッと押し寄せ、あたしはすし詰めの車内でサラリーマンに囲まれた。

ガタン、ゴトン。

 

電車が発車する。

 

「……」

 

左側に立ってる、安っぽい黒いスーツにグレーのネクタイをした、中肉中背の地味なサラリーマンが、あたしのほうをチラチラ見てる気がする。

ギャル出会いマッチング

歳は30代後半くらい、いかにもな陰キャでチー牛っぽい男だ。

街にいたら完全に埋もれるタイプ。

お笑い芸人で例えるなら、軽くコミュ障入った、NON STYLE井上の劣化版。

「……?」

イヤホンを外しながら、男の様子を確認してみる。

オフショルトップスの大きく開いたあたしの胸元と、デニムショートパンツから伸びる足を、男の視線がジロジロ行き来してるのは、気のせいじゃない、絶対。

『まもなく、新宿ー、新宿に到着です』

新宿駅では大量の人が降り、また大量の人が我先にと乗り込んできて、もみくちゃになる。

あたしはドアに押し付けられたまま、動けなくなった。

「……、……」

真後ろに、あの、黒スーツの地味サラリーマンがいる。
このサラリーマン、なんか、様子がおかしい。妙に息が荒くハアハアしてるのがわかる。
しかも、ぎゅう詰めの乗客のせいで、男の股間があたしのお尻に押し付けられている。

(やだ、なんか……ウソでしょ、あたし、また変な気分になってきちゃった……)

 

「……っ」

あたしは後ろ向きのまま、お尻を後ろにつき出し、ゆっくりと腰を上下に動かしてみた。

すると、男の息はますます荒くなり、股間をグイッと押し付けてくる。

(……さっきからお尻に、なんか硬いモノが当たってる気がする。まさか……)

気がするどころじゃない。完全に、勃起したペニスが、あたしのお尻に押し付けられてる。
ショートパンツ越しに、男の巨大化したモノがはっきりわかる。

「…………」

 

ゴソ、ゴソ……手を後ろに回し、スラックス越しに男の下半身を触る。あたしの手はもう止まらなかった。

 

硬いチンコの幹と、パンパンに張ったタマをゆっくりなぞる。

 

(っ、……!)

 

男の腰に両手を当てて引き寄せ、自分の腰をグラインドさせる。

数時間前、SMルームで男と散々セックスをしてきたっていうのに、あたしのアソコはまた濡れていた。しかも、染みるくらい。

ショーパンのほうまで確実に染みてる。朝の満員電車の中で。めっちゃ人に囲まれてるのに。

それなのに、ショーパン越しに押し付けられた男のモノの刺激がヤバくて、ありえない、変な声漏れそう……。

『──新大久保、新大久保です。お降りの方は……』

新大久保駅では一人も降りず、二人が乗車した。

より密度が増した車内で、黒スーツの男と向かい合わせに密着し、動けなくなった。
ブーン、ブーン……アハハ……

 

送風機の音と、お喋りする学生の声。周りの乗客は皆、あたしたちに背を向けて立ってる。
男と密着したまま、あたしは巻きが崩れかかった金髪をサイドによけ、オフショルをずらし、Dカップの盛りブラから谷間を覗かせた。

「、!…………」

 

劣化版ノンスタ井上似の男が、あたしの胸をガン見している。

男の手が、恐る恐るオフショルの中へ滑り、ブラの中に入り込み、ごそごそ動いた。

 

「、っ、……!」

 

まさか、チンコを勃起させながらもビビり気味の男に、生乳を揉まれると思わなかったあたしは、大勢の乗客に囲まれた状況で乳首を刺激され、もう完全に感じていた。

乗客は皆、スマホを見てたり下向いて寝てたり、お喋りに夢中だったり。あたしたちの猥褻行為に気づく気配はないし、ここは他の人からは死角だ。

 

あたしは応戦するように、男の股間に膝を当て、グリグリと動かした。

 

「……!」

 

男が、何かを訴えるような、若干困ったような目であたしを見る。

 

スラックスのポケットにさりげなく手を入れ、男の股間を確かめると、完全に勃起していた。
ガタンゴトン、──ガタガタ!

 

順調に運行中だった山手線外回りが、突然急停車した。

 

『──停止信号です、少々お待ち下さい。次の高田馬場駅で電車が詰まっているため、少々停車します──』

止まった車内で、乗客たちの様子は変わらない。通勤ラッシュ時の少しの遅延なんていつものこと、周りなんて誰も気にしない。

あたしは、男のスラックスのチャックを下げ、陰茎を取り出した。

「!!!」

驚く男の顔は、真っ赤になっている。
まずい、やめろと言いたげに目を泳がせてるけど、勃起は全然収まらないどころか、ヒクヒク波打って反応してる。

男の汗くさい匂いと、ペニスの放つ熱気がむわりと鼻をつく。

 

静かな電車内で、むき出しの生チンコを見たのなんて人生初だ。あたしはマックスまで興奮し、アソコの肉が熱くなり始めた。

この前クラブ仲間と行った海上アスレチックの、10メートルの飛び込み台から飛び降りた時以上のスリルに、頭がクラクラする。

 

スーツの黒いスラックスからニョッキリと伸び、所々赤味を帯びてくすんだ色の長さのあるチンコが、満員電車の中であまりにも異質で、あたしは凝視した。

そして、チンコの幹に添えた手を、上下にゆっくり動かした。

 

「、!!……、!!」

 

男は必死で声を抑えている。

 

見知らぬ若い女に車内でチンコを刺激されて、気持ちいいようだ。

 

(ヤバい、ヤバいよ、何コレ、エロい……)

 

男の手が若干震えながら、ショーパンの隙間から、あたしのアソコをなぞるように触ってきた。

 

「……はぁ、はァ」

 

ギャル出会いマッチング

男にもたれかかり、その男にしか聞こえない声で、耳元で息を吐く。
車内は、朝からゲッソリ疲れ顔のビジネスマンばっかりだ。みんな、これからの出勤が憂鬱って顔してる。

 

そんな人々に囲まれる中、うちらは性器を擦り、ドエロい行為をしてる。ここだけ異世界すぎてヤバい。

 

(あぁ、くうぅっ当たってる、ガチガチのが、当たってるよぉ……っ)

ショーパンの上から、生チンコを押し付けられる。太ももの素肌に、勃起チンコが擦れる感触。
クラクラしながら、あたしは考える。この会社員、普段はどういう男なんだろうか。

これから出社したら、大事な商談があったりするのかな。真面目な顔で、部下に指示したりすんのかな。郊外の戸建てに帰ったら家族がいたりして。

それなのに、電車でおっ勃てたチンコを知らない女に触られて、先走り漏らしまくって、日本のサラリーマン、マジ変態。ホント変態すぎでしょ。

 

あたしは、そんな男のチンコが無惨に射精するまで、しゃぶり尽くしてやりたくなった。
……あたし、根っからの筋肉質イケメン好きだったのに、どうしちゃったんだろホント。

昨日から、自分のことが意味わかんない。あたしの男遍歴全部知り尽くしてるアユミにすら、こんな淫行話、言えないね。

「ッッ……、!!」

 

オフショルの下から入り込んだ男の手に生乳を揉まれ、ショーパンの上から、ズリズリとくすんだ色のチンコで刺激される。

 

(あふっ、これ以上はヤバい、ヤバいよぉっ)

 

あたしも、男のチンコを掴んで摩擦する。
思ったけど、筋肉質イケメンって、立派で形のイイチンコをしてる男が多いけど、なんか、エロくないんだよね。

 

ホント模型みたいな、まっすぐ直立して色も形も整ってるみたいなチンコで、見惚れはするんだけど、あんまり興奮しない。

 

で、健康ボディのイケメンのセックスは、どこかスポーツみたいで、有酸素運動って感じ。女を抱く時の雰囲気が、ジムで筋トレしてる時と同じ。それなりに気持ちいいけど、ねっとりしてないっていうか。

 

いや、カッコいいはカッコいいで目の保養にはなるんだけど、いやらしくないんだよね、色々と整いすぎちゃってて。

 

それに比べて、ブサメンとかブサオジの、溜まって鬱屈した性欲っていうの? どこか歪んでねじ曲がってて、エロいんだよね。

 

ブサメンって、いびつなチンコも多いけど、それが逆に変態っぽくて興奮するっていうか。なんていうか、チンコの醸し出す熱気が、イケメンとは違う。チンコの醸し出す熱気? 何ソレ、アユミに言ったら爆笑通り越してドン引き確定だね。でも、そうとしか表現できないっていうか。

「ッ……ふ、ッ……!」

ていうか、ホント最高、男の硬いチンコって最高。
まさに弾力のある肉棒って感じで、こんなにエロい触り心地のモノ、この世にチンコ以外ないでしょ。
ああもぉ、ずっと触ってたくなっちゃう、しゃぶりたくなっちゃう……!

 

『電車が動きます、ご注意下さい』

 

「ゴホン、ゴホン」

発車すると、近くの中年サラリーマンがこっちを見た。怪しんでるのかもしれない。
駅に着くと、人波に押されて降車したあたしに、黒スーツの男が詰め寄る。

「ちょっと、あなたね、ちょっとこっちへ……」

 

あんなに勃起してたくせに、男はなぜか、NON STYLE井上似の顔を歪ませながら軽く激昂してる。
あたしは男と共に近くのトイレになだれ込み、個室に入り鍵をかけた。
男のズボンを引きずり下ろし、まだ硬さを保ったままのチンコを咥えた。

 

「ちょ、ちょっと、あなた、ちょっと……!!」

ズッチュ、ズッチュ。激しく戸惑う男に構わず、フェラを続ける。

ガチャン。

 

隣の個室に誰かが入った。ゴソゴソと用を足す音が聞こえる。
男のチンコは口の中でまたパンパンに膨らみ、いい加減イキたいとばかりに波打ち始めた。

 

「あむッんむ、ハア、ズチュッ」

 

頭がシビれる。今日イチ、クラブでアガってる時以上のエクスタシー。目から星飛びそう。頭ブッ飛びそう。

 

「ウッ、ウウッ……!!」

 

男のチンコがビクつく。パない。まじパない。こんな異常な状況でも性欲には抗えない、人間ってヤバいな──。

 

「ンッ! ンンーーッ……!!」

口の中いっぱいに、苦くベトつく体液が暴発した。

 

「──あ、駅員さん、そこです、そこの個室から変な音がするんですけど……」

遠くから、正義感に燃える男子学生的な人の話す声が聞こえた。
駅員が到着する前に、あたしと黒スーツ男は、急いでトイレから散り散りに逃げた。

あたしは再び山手線に乗り、自宅方面に向かう。

あの黒スーツ男、朝からあんな猥褻行為をしてきたのに、出社したら平然と会議に出るのかな。
静かな会議室で真面目な資料に目を通しながらも、スーツの下で股間を勃起させてるあの男の姿を想像すると、アソコがズキンッてした。

 

スマホを開き、何となくインスタを見ると、クラブ友の投稿がズラズラ流れる。
フォローしてるパリピのメンズたちが、今のあたしには別世界の人種に見えるんですけど──。
あたしはインスタを閉じ、昨日ふうたと出会った、例の掲示板を開いた。

 

SM変態LOVERSでもっと記事を読む

新しいトビラを開いてみませんか?

  • 東京都
  • 麗華
  • 37才
  • なんでも

ミストレスとしての誇りを持って調教致します。
吊り緊縛や鞭、前立腺責め、尿道調教・・・今まで感じたことのない快感を与えてあげますよ。
本格調教をご希望の方はぜひご連絡ください。

詳細確認

最強SM出会いサイト

調教レッスン

お友達サイトの更新情報

Anal CRIMSON

Anal CRIMSON

もはやアブノーマルプレイでは無くなっているアナルセックス。穴の有効活用と開発を求めるM女も多く、おもちゃ責めで楽しむプレイも人気。M男ならがっつり責めてもらい射精以外での新しい感覚にハマってしまう人もいます。新たな性感帯を探している方にはオススメ!

SM出会い速報

女王様速報

M女速報

人妻・熟女出会い情報

フェチ情報

ニューハーフ・女装子情報

スカトロ速報

身体改造

アナルプレイ速報

ビアン速報

飛翔する飛翔する