スカトロマニア

スカトロマニア

ウンチ・おもらし・人間便器・失禁・失便・塗糞・飲尿・浣腸プレイ・アナルプレイ・アナル拡張に興味のある男女の為のコミュニティです。究極のフェティシズムを隠さず解放しプレイが楽しめます。性欲の解放は人の羞恥心すらオーガズムに変えてしまう。。。

ハードSMカテゴリーの記事一覧

ローションガーゼの亀頭責めで悶絶するほどの快楽を得る

M性感の手コキ施術でよく耳にするガーゼコキ。 ネット界隈では高い刺激や濃い快感を得られる手法として時折話題になります。 またテンガやオナホが無い時の代用としても広く知られ、手軽に出来て好感度を得られる点からも人気のあるオナニーであり責め方でもあります。 今回はそんなローションガーゼによる亀頭責め・ガーゼコキの彼是について情報を集めてきました。

ガーゼコキのやり方

基本的に亀頭を中心とした刺激を楽しむのがガーゼコキの特徴です。 ガーゼの素材によってそこまで大きく感度は変わらないので、自宅にある物や薬局・ドラッグストアで安く買える物でもOK。 ガーゼコキ専用のアダルトグッズも販売されているのでより良い快楽を求めて試してみるのもアリです。

ガーゼコキのやり方は至ってイージー。 たっぷりローションを染み込ませたガーゼを広げ、亀頭にかぶせます。 そして両端を持ち、亀頭の先端を靴磨きの要領で左右に動かすだけ。 斜め下に向かってシュッシュと擦って行きますが、この角度によって強さの調節が可能です。

ガーゼの大きさは、幅10cm前後、長さは20cm以上あればやり易い大きさです。 おろしたてのガーゼではローションの吸収力が弱いので十分に馴染むまで時間がかかります。 また両端だけローションを付けないでおくと、持って擦る時に便利ですよ。

ガーゼの他に、やわらかい布状の物なら何でも代用は可能で、例えばストッキングなんかは手軽に手に入りやすく使用感もガーゼと似ているのでオススメです。 シルクやサテンなど、表面が滑りやすく繊維の細かい生地でも同じ効果を得られますが、ハンドタオルのように固い素材の物は摩擦によって亀頭を傷つける危険があるので控えましょう。

優しい刺激を求める場合は、ガーゼをピンと張らずに少したるませ、フェザータッチのイメージで滑らせても気持ちがいいです。

ガーゼコキの特徴

ガーゼコキは素手のオナニーや通常のセックスよりも感度が高いと言われており、 仮性包茎が多い日本男児の場合、亀頭への刺激に対してかなり敏感な人が多いため最初はくすぐったさや痛みの感覚が勝ります。 また皮オナでの次期が長い男性もガーゼコキの刺激が強すぎて気持ちよくなる前にやめてしまう人もいるようです。 あまりの高感度なため、男の潮吹きを行う際にも用いられるほどなので、オナニー時に行う場合は反射的に手を止めてしまいがち。 そこを堪えぬいた先に、ガーゼコキの本当の快感を得られる中々に高度なプレイでもあります。 一人で行う場合に感度が高すぎてどうしても手が止まってしまう人はパートナーにやってもらうのが一番です。

ガーゼコキの注意点

先述の通り、硬い素材の布やタオルで行うと摩擦でケガをする恐れがあるので注意が必要です。 柔らかいガーゼでもローションを十分に染み込ませないで続けると痛みが出てくるのでしっかり補充しましょう。 ガーゼコキの強い感度に成れると、通常のセックスや手コキオナニ―では射精し辛くなる事もあるので何事もやりすぎには注意です。 そしてパートナーにしてもらう場合、ガーゼコキで身体がビクビク動き、足や膝をパートナーにぶつけてしまう事もあるので注意しましょう。

初心者M男がハード調教にハマるわけ「フェチ性と相性」

フェチ性が強い程ハード調教に繋がると実感した 初心者M男がハード調教にハマるわけ「フェチ性と相性」

これは「私の感覚」なだけかもしれない。数々のSMプレイ、いろんな人との体験、いろいろ見たり聞いたりしていくと、M女とM男ではハードさが全然違うのだと感じます。
M女の場合はプレイのハード性や性処理などが多く含まれるが、M男の場合はフェチ性の高さが多く含まれるように思います。
調教がハードかどうかというよりはフェチ性が高いかどうかが強いのではないでしょうか。

たとえばだいたいのM男はアナルを開発します。
そしてM男はのめり込むととことん追求していくため勝手にハード調教になっていく。

しかし、本人たちはハードだとかソフトだとか意識はしておらず、プレイの追求、相手との信頼の深さを計るために行っている。
男性がひとつのことを深く追求していくことは、形が違うだけで職人やアーティストなどと何ら変わりはないのだと思う。

SMパートナーについて

初めての相手だと、SM好きということ以外よくわからない状態なのでその場の空気がどことなくぎこちなく感じますが、私はどの瞬間の時間も大切にしています。
初々しさや緊張感は、本当に初めだけの特別な感情なので、相手を知ろうとするワクワク感を楽しむようにしています。

その人を深くは知らなくてもどんなものが好きでどんなプレイが好きかくらいはお互いにわかっています。
だから話しをしながら探り探りで時間を深めていくのがとても心地よく好きなひとときです。
初めてだからこそ深く味わうことができるこの瞬間を他のSM好きなM男性達にも気付いてもらいたいです。

ある男のアナルプレイ体験談

その男の癖はアナルと匂いフェチです。
アナル好きといってもアナニーはしません。自分でやっても今一気持ちが良くないからです。もちろん個人差があるのでたまたまアナニーが合わなかったというだけのこと。自分で刺激するよりも女性に犯されているというシチュエーションが好きでアナルでメスイキすることに悦びを覚えるタイプでした。

犯される気持ちを味わってみたい、女性のように喘いでみたい、そんな感情から始まったアナルプレイ。
とはいってもアナルを開発するのは簡単ではありませんでした。アナルプレイ前に浣腸するのが体質的にどうしても馴染めずシャワ浣で慣らしていきました。アナルを広げるのも初めはとても違和感があるので細いもので慣れていき、前立腺でもイケるように長いことかけて調教をしていきました。

そんなアナル初心者が今では極太ペニバンでバンバン掘られまくり。浣腸も特大浣腸器で注入しなければ気が済まない変態アナルへと成長していったのです。

やっていくと慣れてハード化する

相変わらずアナニーはしませんが、フィストまで出来るアナルに成長しました。今度は腕も飲み込めるように頑張りたいとのこと。
人は刺激に慣れるとさらに強い刺激を求めて過激化していきます。それが性快楽なら尚更自分で止めるのは難しいです。

浣腸すらためらっていたM男が浣腸好きになり、時にはエネマシリンジまで愛用するようになり、ペニバンでしかイケないようになりました。
強い刺激を受けることで射精を同じような、もしかしたらそれ以上の快楽を感じているのかもしれません。

だいたいみんな同じ

いろんな相手とプレイをするよりも同じ人と進めていく方が相手をわかっている分、性格や考え方のクセ、好むもの、どう感じているかなどが掴み取りやすく、それは相手も同じことなのでコロコロ変えるのはやめた方が良さそうです。

フィストやそれ以上のことともなるとあちこちにいるほどたくさんではありませんが、ほとんどの人はプレイがどんどんハードになっていきます。
逆にやりたいプレイでも全然楽しめなくてやめてしまう人もいます。
これは全て相手とのフィーリングだと思います。相性がいい女性だと無意識に追求していき気付いたらハードプレイ思考になっていたといった感じです。
全然楽しめない人は相手との相性が合わず気持ち良く感じていない。

だからSMでは、セックスをする以上に相手とのフィーリングが大事です。

2019/07/23

「知らなかったでは済まされない!」ハード調教を行うときの注意点と進め方

SMの世界にどっぷりはまってしまうと、ノーマルであることが本当に薄すぎて快楽を感じにくくなってしまいます。
ただ単に性処理がしたいだけなら、セックスをすればいいかもしれませんが、肉体的に満足は得ても精神的にも大満足だといかないくなってしまうのです。

SMに関われば関わるほどもっと強くもっと深くと思えてきてしまうので、(表現的に合っているのか迷いますが)“依存性がある”“中毒性がある”と思います。

お仕事でSMに関わっている人はまた感覚が違いますが、SMにハマってしまう人は、そんなSMの魅力に取りつかれています。

そんなSMプレイは奥が深くS側もM側もそれぞれに魅力があり楽しみがあり快感があります。

SMを存分に楽しむにはS側もM側も両方体験してみるのがいいと言われますが、全くその通りで両方体験しているのとそうじゃないのとでは楽しい度合が全然違います。

調教がうまいS者はM者の気持ちをわかるために調教を受けると聞きますが、それは本当の話し。プレイの内容にもよるし、絶対そうした方が言いという決まりはないですが、人は体験しないとその考えや感情、感覚はわかりません。きっとこうだろうという想像だけでは立派な調教師にはなれません。
屈辱であってもMとして調教を受けて自分の糧にしていくと、さらにSMの世界の深みが増して楽しめます。

さて、堅苦しいことはさておき、SMも追及をしていく趣味と同じです。

M女をハードプレイで調教するときどんなことに気を付けたらいいのだろう。

それは、まずどんなM女に育てていきたいのかを考えます。

従順な性奴隷にしたいのか、痛めつけることに快感を得たいのか、ペットとして可愛がりたいのかなど、自分のM女がどうなってほしいのかを考えると調教の方向性が決まってくると思います。

もちろん、どうしても無理だとM女がNGを出していることを実行するのはただの暴力になるので出来ませんが、ハード調教にも耐えられるように育てていくことは出来ると思います。

ハード調教の進め方

鞭打ちは痛いからやりたくないというM女がいたとします。そのM女はペットとして躾中。ならばペット調教の一環で鞭で言うことを聞かせるならなんとなく鞭打ちに持っていきやすいと思いませんか?一本鞭は無理でもバラ鞭や平手でスパンキングなどはやりやすいと思います。ペットの躾というのを利用した鞭打ち。

スカトロはしたくないというM女なら赤ちゃんプレイで調教して、うんちの練習としておまるを使ったり、浣腸しておむつに排泄できるようにするなど。

一見、M女も嫌がっているし無理かな?というプレイも何かにかぶせてしまえば、調教の流れや場の空気で出来てしまうこともあります。
「やりたくないと言っているプレイを、無視していきなりやってしまう」からM女が離れてしまうのであって、嫌だけどなんか今ならできるかもしれないというような空気を作ってしまえばハード調教もできたりします。

加減はするのが前提

先にも述べましたがM側の気持ちがわからないとSとして成り立たないのは加減が分からないからというのがあります。
痛みが少ないというバラ鞭でも思いっきり振り下ろせば当然痛いです。叩いている満足感がある大きな音を出しながら痛みは最小限で済む力加減の仕方はどうやるのか?浣腸液はどれだけ入れたら体にどんな影響が出るのか?
怪我や後遺症の残らないギリギリのラインを知っていないと取り返しのつかないことになってしまいます。
人によって丈夫さや感じ方は違いますが上限を把握しておくのはとても重要なことです。

ハード系に入るプレイなら尚更最初は力加減に気を使うべきです。生きている生身の人間なので、行ったことで起こり得る現象を想像してプレイしなくてはいけません。

針やピアスなど怪我系の調教は加減のしようがありませんが、血を見たい、ケガの様子を見たいといった好奇心より先に、行う場所を考えたり本数を考えたり、1本試して様子を見るという配慮ができるS者であってほしいです。M側が望んでいても慎重に行動しましょう。

2019/07/09
1 / 26123...最後 »

SMNHコレクション

SMNHコレクション

昔に比べNH(ニューハーフ)の数、美人化は年々増しています。昨今のAVやTVの影響も大きいようで、新しい刺激を求めにNHとの出会いを求めるノーマル男性も増えています。男性のカラダを熟知しているNHのフェラテク、アナルの魅力を学ぶならパートナー選びはニューハーフ1択です。

飛翔する飛翔する