痴女Mania

痴女Mania

欲求不満な淫乱女性と、女性主導で責められたい男性との出会いをお手伝いします。手コキ・足コキ・言葉責めなどの痴女プレイや目隠し・アナル責めなどマニアックなプレイで変態痴女の攻め技に悶絶してみたい方は相性抜群です。

当サイトはSMパートナーとの出会いや、同性愛者のSMパートナー探し、女性も安心して参加できるSMイベントやコミュニティを紹介。安全なSMプレイの楽しみ方や体験談も豊富!

SMパートナーを探す

ハードSMカテゴリーの記事一覧

乳首ピアス、クリピアスを装着する前に知っておくべき心構え

耳にピアスを空けるときに感じた人もいると思うが、乳首ピアスやクリピアスを装着する際は別の心構えと準備が必要だ。

医学的な説明はあえてここではしない。
事前準備、痛み、道具など個人の責任で行うべきだからである。
ここでは、体の性感帯と呼ばれる部分にピアスを装着することで感度が極端に上がるケースや下がるケースがあるということを知ってもらいたい。

私のSMパートナーのほとんどが乳首ピアスや後にクリピアス装着者となるケースが非常に多かった。
これは元々、感度が鈍いという女性が私のパートナーとなることによって感度をあげてさらに快感を求めるケース(ピアス装着)が多かったからだ。

前戯やセックスでも全く濡れなかった女性が”感じる”という事を覚えたらもう止まらない。
もっと感じたい!
そう思うようになってくるのである。

男性と手を繋いだだけで濡れる。
会話で濡れる。
挿入しただけで潮を吹く。
そんな体になってしまうのである。

そんな快感を常に感じたい。
そう感じるようになった女性が乳首ピアスやクリピアス装着をお願いしてくるのである。
中には耳にさえピアスをしたことが無い女性もいるのだから”感じる”という快感に改めて驚かされる。

乳首ピアスやクリピアス装着前には少しずつ慣らしていくことで恐怖感と多少の痛みは緩和できる。
毎日のオナニーで慣らす行為(ローターや電マで部位を刺激)
振動という刺激はそのうち慣れてしまい麻痺してしまうこともあるので要注意だ。

個人的に一番オススメだったのが、爪楊枝を何本が束ねて乳首やクリトリスにツンツンと刺激する方法だ。
蚊に刺されたときなど、肌が荒れないようにこの楊枝を束ねたものでかかずにかゆみを抑えるという対処法だ。

先端が尖っているが束ねる事で程よい刺激とマッサージ効果で乳首も常時、勃起乳首になり、包茎クリトリスは常にズル剥けクリトリスになるまで成長できることもある。
もちろん乳首肥大化クリトリス肥大化も可能で乳首のような勃起クリトリスにまで育成できる。

そういったやり方で徐々にピアスへの抵抗を少なくしていく。
あとはピアスを装着するタイミングだけだ。
ここは割愛するが感度の高い女性が乳首ピアスを装着するとブラが着用しづらくなり、ノーブラでTシャツなんて着ると逆に気持ちよすぎて冷静を保っていられない。

では、クリピアスは?
と考えると大体想像は付くと思う。
下着に擦れて仕事どころではなくなる女性もいた。
そうなると毎日がノーパンノーブラで生活して、一枚脱いだら変態ピアス女に変貌を遂げているはずだ。

同じ趣向のユーザーが利用しているサイト

改造奴隷研究所 ⇒無料会員になる

ローションガーゼの亀頭責めで悶絶するほどの快楽を得る

M性感の手コキ施術でよく耳にするガーゼコキ。 ネット界隈では高い刺激や濃い快感を得られる手法として時折話題になります。 またテンガやオナホが無い時の代用としても広く知られ、手軽に出来て好感度を得られる点からも人気のあるオナニーであり責め方でもあります。 今回はそんなローションガーゼによる亀頭責め・ガーゼコキの彼是について情報を集めてきました。

ガーゼコキのやり方

基本的に亀頭を中心とした刺激を楽しむのがガーゼコキの特徴です。 ガーゼの素材によってそこまで大きく感度は変わらないので、自宅にある物や薬局・ドラッグストアで安く買える物でもOK。 ガーゼコキ専用のアダルトグッズも販売されているのでより良い快楽を求めて試してみるのもアリです。

ガーゼコキのやり方は至ってイージー。 たっぷりローションを染み込ませたガーゼを広げ、亀頭にかぶせます。 そして両端を持ち、亀頭の先端を靴磨きの要領で左右に動かすだけ。 斜め下に向かってシュッシュと擦って行きますが、この角度によって強さの調節が可能です。

ガーゼの大きさは、幅10cm前後、長さは20cm以上あればやり易い大きさです。 おろしたてのガーゼではローションの吸収力が弱いので十分に馴染むまで時間がかかります。 また両端だけローションを付けないでおくと、持って擦る時に便利ですよ。

ガーゼの他に、やわらかい布状の物なら何でも代用は可能で、例えばストッキングなんかは手軽に手に入りやすく使用感もガーゼと似ているのでオススメです。 シルクやサテンなど、表面が滑りやすく繊維の細かい生地でも同じ効果を得られますが、ハンドタオルのように固い素材の物は摩擦によって亀頭を傷つける危険があるので控えましょう。

優しい刺激を求める場合は、ガーゼをピンと張らずに少したるませ、フェザータッチのイメージで滑らせても気持ちがいいです。

ガーゼコキの特徴

ガーゼコキは素手のオナニーや通常のセックスよりも感度が高いと言われており、 仮性包茎が多い日本男児の場合、亀頭への刺激に対してかなり敏感な人が多いため最初はくすぐったさや痛みの感覚が勝ります。 また皮オナでの次期が長い男性もガーゼコキの刺激が強すぎて気持ちよくなる前にやめてしまう人もいるようです。 あまりの高感度なため、男の潮吹きを行う際にも用いられるほどなので、オナニー時に行う場合は反射的に手を止めてしまいがち。 そこを堪えぬいた先に、ガーゼコキの本当の快感を得られる中々に高度なプレイでもあります。 一人で行う場合に感度が高すぎてどうしても手が止まってしまう人はパートナーにやってもらうのが一番です。

ガーゼコキの注意点

先述の通り、硬い素材の布やタオルで行うと摩擦でケガをする恐れがあるので注意が必要です。 柔らかいガーゼでもローションを十分に染み込ませないで続けると痛みが出てくるのでしっかり補充しましょう。 ガーゼコキの強い感度に成れると、通常のセックスや手コキオナニ―では射精し辛くなる事もあるので何事もやりすぎには注意です。 そしてパートナーにしてもらう場合、ガーゼコキで身体がビクビク動き、足や膝をパートナーにぶつけてしまう事もあるので注意しましょう。

初心者M男がハード調教にハマるわけ「フェチ性と相性」

フェチ性が強い程ハード調教に繋がると実感した 初心者M男がハード調教にハマるわけ「フェチ性と相性」

これは「私の感覚」なだけかもしれない。数々のSMプレイ、いろんな人との体験、いろいろ見たり聞いたりしていくと、M女とM男ではハードさが全然違うのだと感じます。
M女の場合はプレイのハード性や性処理などが多く含まれるが、M男の場合はフェチ性の高さが多く含まれるように思います。
調教がハードかどうかというよりはフェチ性が高いかどうかが強いのではないでしょうか。

たとえばだいたいのM男はアナルを開発します。
そしてM男はのめり込むととことん追求していくため勝手にハード調教になっていく。

しかし、本人たちはハードだとかソフトだとか意識はしておらず、プレイの追求、相手との信頼の深さを計るために行っている。
男性がひとつのことを深く追求していくことは、形が違うだけで職人やアーティストなどと何ら変わりはないのだと思う。

SMパートナーについて

初めての相手だと、SM好きということ以外よくわからない状態なのでその場の空気がどことなくぎこちなく感じますが、私はどの瞬間の時間も大切にしています。
初々しさや緊張感は、本当に初めだけの特別な感情なので、相手を知ろうとするワクワク感を楽しむようにしています。

その人を深くは知らなくてもどんなものが好きでどんなプレイが好きかくらいはお互いにわかっています。
だから話しをしながら探り探りで時間を深めていくのがとても心地よく好きなひとときです。
初めてだからこそ深く味わうことができるこの瞬間を他のSM好きなM男性達にも気付いてもらいたいです。

ある男のアナルプレイ体験談

その男の癖はアナルと匂いフェチです。
アナル好きといってもアナニーはしません。自分でやっても今一気持ちが良くないからです。もちろん個人差があるのでたまたまアナニーが合わなかったというだけのこと。自分で刺激するよりも女性に犯されているというシチュエーションが好きでアナルでメスイキすることに悦びを覚えるタイプでした。

犯される気持ちを味わってみたい、女性のように喘いでみたい、そんな感情から始まったアナルプレイ。
とはいってもアナルを開発するのは簡単ではありませんでした。アナルプレイ前に浣腸するのが体質的にどうしても馴染めずシャワ浣で慣らしていきました。アナルを広げるのも初めはとても違和感があるので細いもので慣れていき、前立腺でもイケるように長いことかけて調教をしていきました。

そんなアナル初心者が今では極太ペニバンでバンバン掘られまくり。浣腸も特大浣腸器で注入しなければ気が済まない変態アナルへと成長していったのです。

やっていくと慣れてハード化する

相変わらずアナニーはしませんが、フィストまで出来るアナルに成長しました。今度は腕も飲み込めるように頑張りたいとのこと。
人は刺激に慣れるとさらに強い刺激を求めて過激化していきます。それが性快楽なら尚更自分で止めるのは難しいです。

浣腸すらためらっていたM男が浣腸好きになり、時にはエネマシリンジまで愛用するようになり、ペニバンでしかイケないようになりました。
強い刺激を受けることで射精を同じような、もしかしたらそれ以上の快楽を感じているのかもしれません。

だいたいみんな同じ

いろんな相手とプレイをするよりも同じ人と進めていく方が相手をわかっている分、性格や考え方のクセ、好むもの、どう感じているかなどが掴み取りやすく、それは相手も同じことなのでコロコロ変えるのはやめた方が良さそうです。

フィストやそれ以上のことともなるとあちこちにいるほどたくさんではありませんが、ほとんどの人はプレイがどんどんハードになっていきます。
逆にやりたいプレイでも全然楽しめなくてやめてしまう人もいます。
これは全て相手とのフィーリングだと思います。相性がいい女性だと無意識に追求していき気付いたらハードプレイ思考になっていたといった感じです。
全然楽しめない人は相手との相性が合わず気持ち良く感じていない。

だからSMでは、セックスをする以上に相手とのフィーリングが大事です。

2019/07/23
1 / 26123...最後 »

SM MAX

SM MAX

SMコミュニティ、出会い系など利用初心者の方はまずこちらのSM MAXをオススメします。せっかく利用するならエッチで変態がたくさんいるところが良いですよね。まずは利用してみたい、本当に会えるの?そんな疑問を持っているあなたは自分で実際に利用して確かめてみることです。

飛翔する飛翔する