Pierce-ピアス-

Pierce-ピアス-

肉体的苦痛を伴うプレイを願望するS男女、M男女。風俗店でも経験できない、SMプレイの中でも屈指のハードプレイ願望を叶えてみませんか。目的と嗜好が同じであれば、後はお互いに気の赴くままに痛みを快楽に変えてプレイが可能です。一度踏み入れたら病みつきになります。

ハードSMカテゴリーの記事一覧

【SMの王道】蝋燭プレイを行う上で確認しておく事

SMと言えば鞭、蝋燭、緊縛と言うイメージが強いと思う。

昨今のソフトSMの影響もあってか、昔ながらのTHE SMと言われるようなプレイが少なくなってきた。
若い子を相手にしていると、おのずとプレイも今流行りの電マや最新の小道具を使用することが多い。

私のプレイ対象年齢は20歳~50歳と幅広くしている為、状況や要望に応じて変えることも多い。
ただ、20代後半の女性でもまれに蝋燭プレイを求める人も多くなってきている。

ネットの募集掲示板などを見ていると、ソフトSMに飽きたので新しいプレイを経験してみたいというのをよく見かけるようにもなった。
緊縛でも手錠(手枷)やボンテージテープではなく縄での緊縛。
手でのスパンキングではなく、鞭を希望など。

蝋燭プレイはアロマキャンドルや誕生日ケーキに刺す蝋燭の使用は絶対NG
SM用の低温蝋燭と言うものが売っているのでこれを使用することをオススメする。
SMの風俗でも大体これが使われている。
じゃないと、火傷してしまう恐れがあるのは解るだろう。

初心者とのプレイの場合は先ほどの低温蝋燭を使用するのを前提で、事前に体にローションを塗っておくとよい。
体のコーティング且つ後処理が何かと便利になる。
後はレジャーシートなど下に敷くモノを用意しておけばお風呂で流す前にロウを落とす場所としても活用できる。

蝋を付けたままシャワーで流すと排水溝に詰まってしまい、業者を呼んだ時、後悔と羞恥プレイに晒されることに。
ホテルでやったら弁償しないといけないハメになる。
あとは、コロコロなどがあると手で取り切れなかった蝋を取る事もできるので何かと便利だ。

こういう後処理の面倒さもあって中々できないというのもプレイの需要の低さに影響しているのかも。

縄の緊縛を欲する女性は従来のSMを欲している女性が多いので、改めて王道SMをプレイしてみるのも面白いかも。

拘束器具を使った鬼畜拷問プレイ

ネットで見たプレイが目に焼き付いてる。

非日常のプレイ
犯罪はNGだ。
あくまでパートナーと同意の上でのプレイ。
この境界線を保った上でのみできるプレイ。

プライベートでは絶対に使わない拘束器具を使ったプレイには未知なる魅力がある。
特に手足を固定できる固定具や拘束台などは一度は試してみたい。

拘束器具を使った鬼畜拷問プレイ

調べるとそういった器具が置いているSM専門のラブホテルがあるらしい。
週末はSMに興味のないお客が仕方なく入る事もあるらしく、なるべく空いている平日がプレイdayとして活用できるらしい。

ちなみにSMパートナー探しはラブホテルを探すよりも容易だったのには驚いた。

手錠や手枷など軽い緊縛、拘束経験がある女性は多いが、拘束台を使った拷問プレイはやったことがある人は少ない。
とにかくM気質の強いM女を探したらやってみたいという好奇心旺盛な女性が5人いたのは予想外だった。

SM好きの女性は好奇心の塊とは誰かが言っていた。
本当にその通りだ。
痛みを快感に変えたり、非日常を楽しむ人たちが多いという事を再認識した。

拘束台のあるSM専門のラブホテルとSMパートナーは揃った。
あとはプレイdayを待つのみ。
今のうちに予習をしておこう。

クリピアスは感度を上げすぎるので注意が必要

私が可愛がっているSMパートナーは週二回ほど私のクリトリス調教を受けている。
最初はソフトSMのみしか受け付けなかった女が今では、クリピアスを装着するまでに育った。
私の場合は、調教されている女より断然未調教の女を育てていくのが好きだ。
なるべくそういったSMに”興味がある” or ”やってみたい”と思っている子が多いSMサイトを利用して見つけている。
私の経験上、今まで失敗をした経験や所謂ハズレを引いたことは一度もない。

SM系の出会いサイトで出会った私のパートナーは、調教し始めた頃はクリトリスが米粒程度だった。
だが今では、包皮もズル剥けで通常時でも大豆以上まで大きくなっている。
しかも、クリピアス装着以降、下着とピアスが擦れるとビチョビチョになってしまうらしく、ノーパンスカートで生活している。

彼女曰く、クリトリスを大きくすると感度が上がりすぎるから日常でも興奮が止まらないらしい。
トイレに行くと勝手に手がクリを触っているというくらいだから効果は凄まじい。
さらにオナニーをするとクリ勃起とともに真っ赤になり、太ももにマン汁が垂れてしまうくらいの感度がくるとの事。

私の調教は至ってシンプルで、ローションなどの潤滑液で滑らかにする。
包茎クリトリスの場合は包皮を優しく剥いてからローターなどの刺激に慣れさせつつクリキャップを被せていく。
吸引ポンプなどは極力使わないが、元々クリが小さい子は簡単なクリ調教でも大きくなるので、目に見えて大きくなった時点で感度も相当上がっているので問題ない。

クリピアスに関しては先ほども言ったが、感度が上がりすぎてしまうので注意が必要だが、より快感を求めるマゾヒストはぜひオススメする。
パートナーの理解と知識がある事が前提だが、結果としてSMの極地に到達することが可能だ。
いわゆる開発⇒調教といった工程になるが、これをしっかり守ればソフトSMからハードSMまでの道のりはさほど遠くは無い。
間違ってはいけないのが洗脳では無いという事だ。
最近は、ノーマルセックスでもソフトSMを取り入れている人が多いので、ワンランク上を望むマゾ女が増えているのは間違いない。

SM好きな女性は一度ハマるとセフレ以上に良きパートナーとなる。お互い割り切っているので恋人ほど手も掛からないのも良い。そういったパートナー探しも今の時期は需要とマッチング率が高いのでぜひオススメする。

Anal CRIMSON

Anal CRIMSON

もはやアブノーマルプレイでは無くなっているアナルセックス。穴の有効活用と開発を求めるM女も多く、おもちゃ責めで楽しむプレイも人気。M男ならがっつり責めてもらい射精以外での新しい感覚にハマってしまう人もいます。新たな性感帯を探している方にはオススメ!

飛翔する飛翔する