乱

AVや漫画でしか見たことのない光景を体験してみたいと思ったことは必ずあるはずです。複数、集団、乱交プレイは一度は夢見るプレイ。飲み会でノリで、王様ゲームから、タイプの人がいたから、童貞卒業したくて、終わった後の理由は意外と単純。見たい・見られたいと思う願望が欲望をさらに掻き立てます。

当サイトはSMパートナーとの出会いや、同性愛者のSMパートナー探し、女性も安心して参加できるSMイベントやコミュニティを紹介。安全なSMプレイの楽しみ方や体験談も豊富!

SMパートナーを探す

S男M女カテゴリーの記事一覧

ギャルがブサメンに磔(はりつけ)にされた結果【SM変態LOVERS】

ギャルが磔にされたらスゴかった ブサメンなのに、感じさせられて…

~story~

深夜まで遊び倒したギャルのジュリが渋谷でひとりの中年男性と出会う。 相手は全くもってタイプではないブサメン。 出会って早々にラブホヘ辿り着く。 体を許した途端、彼の持つテクによって快楽に支配されていくジュリ。 やがて、今までとは違う淫らな自分を覚醒させてしまう。
当日出会い専用サイト
ドンドン、ズンズン! ドンドン、ズンズン! 「きゃは~! 今日のイベント、まぢ最高っ」 「ジュリ飲みすぎーっ! んじゃ、もう一杯カンパーイ♪」 アユミに渡されたテキーラを一気に胃に流し込み、男女がもみくちゃのダンスフロアで踊る。 お酒が回ってなかったら気絶しそうなほどの大音量でEDMが流れる、渋谷のクラブの人気DJイベントは超満員。 踊り狂う若者たちの熱気が息苦しい。 あたしの好きなアーティストの曲が連続コンボでかかった深夜0時、今日イチのテンションにまでぶち上がり、気分は最高。 アルコールを傾けながら、同時に、今日はどのメンズと遊ぼうかなって品定めしてた。 なのに、酔って踊りすぎてたせいもあってか、クラブ帰りの遊び相手が決まらないまま、閉店時間になってしまった。 いつのまにか姿が消えてたアユミからは、『目当ての年下大学生と飲み直しに成功♡』ってLINEが来てる。マジか。知らないうちに先を越されてた。 時計を見ると、朝の4時。始発待ちもダルいし、ヒールのサンダルで踊りまくってたから、足がだいぶ痛い。 あー、もお、どうしよう。 とりあえず、ホテルで休みたい。早くメンズをつかまえないと。 スマホを開き、連絡先をスクロールする。 手持ちの男たちは、今日は都合つかなさそう。 なら、ネットで探すかぁ。 渋谷なら、誰かしら会えるでしょ。 でも、出会いアプリは登録がめんどいし、Twitterはなぜかアカウント凍結されたばっかりだし……って考えながら、色々ググってたら、すぐ書き込める掲示板を発見。 『渋谷で今から会える人!』 で、書き込み完了。
当日出会い専用サイト
即、数人から連絡がきて、一番最初に連絡をくれた人と、待ち合わせの約束を取り付けることに成功。ラッキー。 41歳男性って、まあまあ年上だけど、まぁいっか。とりあえず早く休みたい、お腹も空いたし。 ホテル街のど真ん中にあるクラブ近くの、目印のコンビニに来たのは、太め体型の冴えない見た目の男だった。 顔も髪型も服装も、ザ・おっさんて感じ。 芸人のマヂカルラブリーの、太ってるピンク服の方になんとなく似てる。 身長は、160センチのあたしとほぼ変わらない。 「ジュリさん? 僕、ふうたです、掲示板の。来ていただいて、ありがとうございます。嬉しいです」 「いえーい、ジュリです、ヨロシク~」 「こちらこそ、よろしくお願いします」 「いきなりでゴメンなんだけどさー、さっきまでクラブで飲んでて、足めっちゃ痛くて。とりあえず休みたいみたいな」 「ああ、そうだったんですね。素敵なサンダルですけど、確かにヒールが高くて歩きにくそうですね。すぐ入れるとこ、行きましょう」 マヂラブのピンク似なのに、意外に紳士な感じのふうたは、一番近くの空いてるラブホテルに手早く案内してくれた。ラッキー。 「えっと、今空いてるのが、このお部屋しかないそうです。どうします?」 そこは、バリバリのSMルームだった。物々しい器具とか台とかが置かれた、真っ赤な部屋。 「まーじか。でも他空いてなかったらめんどいし、もう歩くのダルいし、いーよ、ここで」 マヂラブのピンク改めふうたとエレベーターに乗り、部屋のドアを開ける。 「あっは、すごーい! なにここ、ウケる」 X型の真っ赤な磔台に、壁に吊るされた謎のSMグッズの数々。ガチのSM部屋だよ、これ。 あたし、こういうの別に興味ないんだけどな。こういう部屋は、こういう性癖の人が使うべきでしょ。場違い感がスゴい。 まあ、休めれば何でもいいんだけどさ。 「ジュリさん、お腹空いてませんか? これ、美味しそうですよ。よかったら注文しますよ」 「きゃ~、おいしそ~っ! お腹超空いてたんだぁ、食べる食べる♪」 SM部屋のソファに並んで、ふうたが頼んだ高級イタリアンのデリバリーを食べる。 「へえ、ジュリさん、普段は渋谷の洋服のショップで働いてるんですね。だから服、すごく似合ってるんだ。僕は、しがないプログラマーやってます。ジュリさんみたいな、スタイルの良い綺麗な人と一緒に美味しい物を食べられて、僕嬉しいな、久々に」 「あはは何ソレ~、ウケるじゃん」 「あ、お風呂入るなら、もう溜まってますよ」 「マジ♪ ヤッタぁ~入るね♪」 ふうたは、雰囲気も話の内容も全部が普通だけど、あたしの希望を先回りして叶えてくれる。見た目に反して、意外にポテンシャル高い男なのかも? まあ、軽口叩いてられるのはここまでだって、後で気づくんだけどさ。
ギャル出会い専用サイト
「ふう~っめっちゃイイお湯だったぁ」 ぼふっ。お風呂でたっぷり温まって、フカフカのベッドにダイブする。ラブホの広いベッドで寝るのってホント最高。 寝っ転がって大画面でテレビを観てたら、お風呂上がりのふうたがベッドに入って来て、あたしの身体に手を伸ばしてきた。 とっとと寝たかったけど、ここまで来て何もしないのは、ちょっと悪いよなー。 「ジュリちゃん、……今日は、だいぶ疲れてるよね。ゆっくりしていってね」 あたしに触れようとしたふうただったけど、何かを察したのか、引き下がっていった。 「……いいよ、ふうた」 あたしが言うと、ふうたはゆっくり近づき、赤色のメッシュが入った金髪の巻き髪をかき分け、オレンジ色のオフショルトップスにそっと手を入れた。 ヒョウ柄と黒レースの派手ブラの上から、むにむにと、緩急つけながら胸を揉む。 「おっぱい、大きいね。Dカップくらいあるのかな。張りがあって、すごく良い形してるね」 「当たり~。……あン、ちょっとぉ、ン~……っ」 胸を揉む手が、たまに乳首をかすめ、甘く痺れる感覚が走る。 あー、やばい。なんか、もうキモチ良くなってきたかも。もしかして、疲れマラの女バージョンてやつ? ふうたは、ガツガツしてくるのかと思ったけど、意外と余裕がある。 しかも、雰囲気が少し変わった気がする。最初は、ただの平凡なマヂラブのピンクのおっさんだったのに、今は、なんか大人のエロい空気をまとってる。 足をもぞもぞしてたら、トップスの紐をほどかれて、デニムショートパンツのボタンとチャックを外され、あっというまにヒョウ柄の下着1枚になった。おっさんのくせに、ギャル服の脱がせ方うまいな。すごくスムーズ。 「ン……、はぁ」 チュっ、チュパ。キスをしながら、ブラジャーのホックを外され、直接乳房を揉まれる。 正直、ふうたの見た目はあたしのタイプとはかけ離れてるけど、キスの感触は意外に悪くなく、嫌な感じはしない。 「せっかくだから、あそこに行ってみようか?」 ふうたが、X型の磔台を見ながら言う。 「えぇ~! マジかぁー。まっ、でも面白そうだからイイかも?」 カチャン。 ショーツ1枚だけを身につけた格好で、腕を上に伸ばし、手首を片方ずつ上方のベルトで固定される。 ヤバい、胸、丸出しで、意外に恥ずかしい……。 「ジュリちゃん……エロいね、めちゃくちゃ」 そう言うふうたが、むき出しの乳首を優しく転がし、強くひねると、 「ああアァアアン!!」 乳首が燃えたかと思うほど強い快感に、あたしは大声で叫んでしまった。 両手を動かしても、ガチャガチャと音が鳴るだけ。 今まで、ネクタイとかで簡単に動きを封じられたことはあったけど、本格的に拘束されたのは初めてだった。 SMの器具って、こんなにすごかったの? やばい、やばいよ、気持ちいいのから、逃げられないよ──。 「うわ、乳首、一気にビンビンに立っちゃったよ、ジュリちゃん」 「あウゥーッッ! ちょっふうたぁッソレやめて、やめてェッ」 両乳首をグリグリこねくり回され、ありえないことに、イキそうになる。
ギャル出会い専用サイト
「はあ……はあ……!」 ふうたの手は止まったけど、身体が変にひくひくし続けてる。自分の身体じゃないみたい、なに、これ……。 ヒョウ柄のショーツをずらされると、ドロドロになったアソコが現れた。 乳首が勃起して、ショーツの合間からヌレヌレの股をさらしたみっともない格好のあたしを、ふうたがジロジロ見ている。 「あーあ、クリトリスまで大きくなって、外に出てきちゃってるよ」 「ひっ……! そこ、いま、触っちゃ、ヤバイってぇっああぁあーー!」 敏感部を、何本もの指の腹で素早く摩擦され、その強い快感刺激が逆に怖くなったあたしは、アァアン、アアぁあンみたいな今まで出したことない声で喘ぎながら、無意識に逃げようとした。 ガチャガチャ、ガチャガチャ! でも、頑丈なベルトはびくともしない。 髪なんて、もうすっかりボサボサだった。つけまつ毛も外れかけてる。 クラブギャルの間でよく聞く、『ブサメンのがテク持ち説。イケメンは、顔だけでヤレるから下手。ブサメンはテク勝負だから』ってやつ、あながち間違ってないんじゃないの? 「やっぱり、こういうのは嫌だったかな。やめておこうか」 ふうたはそう言いながらも、時代遅れの形の着古したジーンズと安そうな下着を脱ぎ、勃起したチンコを取り出し、あたしの太ももにビタビタとなすり付けてきた。 硬くて熱いチンコが、太ももの肉を何度も弾く。 ていうか、フェラは? しなくていいの? 今までの男たちみんな、フェラさせて、さっさと入れて出して、自分が満足すれば終わりだったのに。 「早く、はやく触ってぇ、はやく、入れてよぉ……!」 ……え、今言ったのって、あたし? ちょ、あたし、そろそろやばいな。でももう、止まんないんだけど──。 片足を抱えられ、膨らんだカリ首を、クリトリスに擦り付けられる。 「ひゃああァン! お願い、早くッ早く入れてってばぁッ」 あたし、こんな、好きでもないおっさん相手に、なに言ってるんだろう。 でも、ぶっといチンコが欲しくて、頭おかしくなりそう──! ズブンッ──! 「アはアァアアーーっ!!」 右足を大きく開いて抱えられ、ヌルヌルの中心めがけて、勢いよくチンコを突き立てられた。 「んんんンッ……ンンッ!」 たぶん、それだけでイッたんだと思う。身体の色んなところがヒクヒクしてる。 あたし、全然好きじゃない、むしろキモメン寄りの男の普通サイズのチンコで、1回でイッちゃった──。 ズンズンッ! ヌチャ、ヌププッ、ズンッ──!! 何回も抜き差しされて、あたしのアソコから出たヌルヌルが、おっさんのチンコに絡み付いてる。 やだ、あたし、ほんとにどうしちゃったの…… 「んッんッ、んんッ……あはァアンッ……!」 「ああ、ハアハア、すごく気持ちいいって顔してるよ、ジュリちゃん……ジュリちゃんの中、ヌルヌルですごいよ、僕もすごく気持ちいいよ」 「いちいち言わないでよっばかぁっ、はうううッ」 もう、ベルトをガチャガチャやって逃げようとは思わなくなっていた。ふうたの硬いチンコを抜き差しされるのがただ気持ちよくて、されるがままになっていた。
ギャル出会い専用サイト
あたし、こんなブサメンに犯されて、ヒイヒイ言っちゃってるんだけど。 ていうか、磔台に固定されて、気持ち悪い男とセックスしてることに、逆に興奮してない? あたし。まじ笑える。いや、笑えない。全然笑えない。 そういえば、前にガールズバーで働いてたときの先輩スタッフに、女も見惚れるくらいの超美人なんだけど、超ブサイクのセフレがいて、その男と会うので忙しくて、仕事終わりの飲み会に全然来ない女のコがいたなぁ。そのセフレが女のコを迎えに来たとき、チラ見したけど、マジでただのキモブサって感じだった。 あれって、もしかして、こういうことだったのかな。 あのコ、あのブサ男とのセックスにハマってたのかな。 え、てか、マジかよ。あたし、そんな性癖だったの? ずっと、GENERATIONS白濱亜嵐似の筋肉質のイケメン好きだったのに。信じらんない。マジで信じらんない、イヤすぎる、そんなの。 でも、もお、気持ちいいのが止まんないんだけど。まじで、どうにかしてこれ、ほんと、ヤバいんだけど…… ズププッ、ヌチャッヌチャッ! ヌチュッ、ヌチュッ、パンパン! 「ハアハア、ジュリちゃんのオマンコ、僕のオチンチンで突くたびに、すごくエロい音出るよ、濡れすぎだよ、ウッ、ハアハア」 フーッフーッ。男の生温かい息が顔にかかる。キモいのに、身体がどんどん熱くなる。 「アアアンンッッ! 言わないでって、言ってるでしょ、っアアアアンッ!!」 今日のことアユミに言ったら、爆笑されるかな。それともドン引きかな。 ヤバい、だんだん、頭が働かなくなってきた──。 「ウウウッ、僕、もう出そうだよ、イきそうだよっ」 パンパンッ! グチュ、グチュッ! パンパンッッ!! 「アアアア! もうダメ、奥が、奥があッヤバいっイクイクイクーーっっ!!」 また、身体がイキ始めた。もう、どこまでイッちゃうの、あたし── 一瞬怖くなったとき、ふうたのチンコがビクビクと、奥で波打った。 奥にしばらく留まり続け、やっと肉棒が抜き去られる。 ずっと抱えられてた太ももは、ヌルつく汁でベトベトになっていた。 ホントにやだ、あたし、今日はどうしちゃったんだろう……。 ふうたと別れ、ヒールを引きずって渋谷駅に向かいながら、途方に暮れる。 とりあえず、身体、まだ熱いんですけど。 あたし、これからどうなっちゃうの? ほんとにどうしてくれんのよ、ふうた。 ボーっとしたまま、あたしは通勤のサラリーマンでごった返す山手線に乗った。
ギャル出会い専用サイト
SM変態LOVERSでもっと記事を読む

私、オシッコを見てもらいたいんです……放尿フェチの制服女子学生【SM変態LOVERS】

【SM変態LOVERS】より抜粋
『私のオシッコ見てくれる人、メールください』

掲示板にそう投稿してから、何人もの男の人とメールのやり取りをしました。

その中から会うことにしたのは、学校帰りの夕方5時に、都心から少し離れたわたしの家の団地まで、いちばん早い日にちに来てくれると言った男の人です。

団地の前にある、花が散りはじめた桜の木の下に、川井さんはきっちり5時に来てくれました。
川井さんは、身長145センチのわたしより少しだけ背が高くて、想像より少し立派なお腹をしていました。

「そんなにモジモジしなくても大丈夫だよ、怪しい人間じゃないから」

「あ、ハ、ハイ、すみません」

川井さんは、28歳で実家住まい、何の仕事をしているのか、フリーターなのかそれともニートなのかは、よくわかりません。
紺色のポロシャツに、履き古したジーンズという地味な見た目をしていますが、なんだか目がギラギラしているように感じます。

「りおちゃん、どうしてセーラー服を着ているの? りおちゃんは今19歳で、介護福祉の専門学校に通ってるって言ってたよね?」

「あ、これは……こういう服が、すきだから……コスプレ、とか」

「へえ~~。りおちゃん、身体細いし、2つ結びの黒髪も似合ってる、かわいいよ」

川井さんがわたしの身体をじろりと見回します。

続きを読む

乳首ピアス、クリピアスを装着する前に知っておくべき心構え

耳にピアスを空けるときに感じた人もいると思うが、乳首ピアスやクリピアスを装着する際は別の心構えと準備が必要だ。

医学的な説明はあえてここではしない。
事前準備、痛み、道具など個人の責任で行うべきだからである。
ここでは、体の性感帯と呼ばれる部分にピアスを装着することで感度が極端に上がるケースや下がるケースがあるということを知ってもらいたい。

私のSMパートナーのほとんどが乳首ピアスや後にクリピアス装着者となるケースが非常に多かった。
これは元々、感度が鈍いという女性が私のパートナーとなることによって感度をあげてさらに快感を求めるケース(ピアス装着)が多かったからだ。

前戯やセックスでも全く濡れなかった女性が”感じる”という事を覚えたらもう止まらない。
もっと感じたい!
そう思うようになってくるのである。

男性と手を繋いだだけで濡れる。
会話で濡れる。
挿入しただけで潮を吹く。
そんな体になってしまうのである。

そんな快感を常に感じたい。
そう感じるようになった女性が乳首ピアスやクリピアス装着をお願いしてくるのである。
中には耳にさえピアスをしたことが無い女性もいるのだから”感じる”という快感に改めて驚かされる。

乳首ピアスやクリピアス装着前には少しずつ慣らしていくことで恐怖感と多少の痛みは緩和できる。
毎日のオナニーで慣らす行為(ローターや電マで部位を刺激)
振動という刺激はそのうち慣れてしまい麻痺してしまうこともあるので要注意だ。

個人的に一番オススメだったのが、爪楊枝を何本が束ねて乳首やクリトリスにツンツンと刺激する方法だ。
蚊に刺されたときなど、肌が荒れないようにこの楊枝を束ねたものでかかずにかゆみを抑えるという対処法だ。

先端が尖っているが束ねる事で程よい刺激とマッサージ効果で乳首も常時、勃起乳首になり、包茎クリトリスは常にズル剥けクリトリスになるまで成長できることもある。
もちろん乳首肥大化クリトリス肥大化も可能で乳首のような勃起クリトリスにまで育成できる。

そういったやり方で徐々にピアスへの抵抗を少なくしていく。
あとはピアスを装着するタイミングだけだ。
ここは割愛するが感度の高い女性が乳首ピアスを装着するとブラが着用しづらくなり、ノーブラでTシャツなんて着ると逆に気持ちよすぎて冷静を保っていられない。

では、クリピアスは?
と考えると大体想像は付くと思う。
下着に擦れて仕事どころではなくなる女性もいた。
そうなると毎日がノーパンノーブラで生活して、一枚脱いだら変態ピアス女に変貌を遂げているはずだ。

同じ趣向のユーザーが利用しているサイト

改造奴隷研究所 ⇒無料会員になる
1 / 53123...最後 »

豚小屋

豚小屋

ご主人様の命令は絶対!いつでもどこでもメール調教、LINE、電話など。いつ命令がくるかわからない。命令無しでは生きていけない変態マゾブタ。人間から豚に変身させたいサド主。真のSM主従関係を築きたい方はオススメです。

SM出会い速報

女王様速報

M女速報

人妻・熟女出会い情報

フェチ情報

ニューハーフ・女装子情報

スカトロ速報

身体改造

アナルプレイ速報

ビアン速報

飛翔する飛翔する