Pierce-ピアス-

Pierce-ピアス-

肉体的苦痛を伴うプレイを願望するS男女、M男女。風俗店でも経験できない、SMプレイの中でも屈指のハードプレイ願望を叶えてみませんか。目的と嗜好が同じであれば、後はお互いに気の赴くままに痛みを快楽に変えてプレイが可能です。一度踏み入れたら病みつきになります。

ソフトSMカテゴリーの記事一覧

S男が気を付けたいSM初心者へのプレイ

SM初心者を相手にする場合、特にS男側が初心者のM女性に対して知っておきたい心得を改めてまとめてみます。 SMの世界と言えどもまだまだ偏見からか少数派の域を超えない現状がある中、 これからSMの世界へ参入する新規ユーザーに対して、我々既存のプレイヤーがこの業界への敷居を上げてしまっているのも事実です。 比率としては男性はS気質が多いのに対して女性はM気質な方が多くあるのですが、 初めてのSMプレイにて想像していた内容と違ったり恐怖やトラウマを与えてしまったりと、 新規ユーザーを逃がしてしまっているのもこの業界が抱える問題として感じます。

特に初心者M女性に対しては、未熟なS男性によって受けなくていい心身的なダメージを受けたり、 初心者という弱い立場に漬け込んだ傲慢や、先輩である威厳を誇示したいがために、 本来体験すべき楽しいSMプレイが二度と経験したくないイヤな思い出となってしまう事があります。 これが横行してしまうとこれからのSMの世界を担う後輩たちはもちろん新規ユーザーたちはどんどん離れ、SM全体が衰退していってしまうと危惧します。 そうならないためにも我々先人たちがSM初心者を迎えるための心構えや思いやりをもう一度考え、一人でも多くの仲間を増やしていくべきです。 今回はそんな初心者に対する気を付けるべきSMプレイをS男性側の視点でまとめてみました。

首絞め

「苦しみ」を快楽に転換することでエクスタシーを感じる首絞めプレイも、いきなり初心者に対して行うのは危険です。 いくら首の絞め方や力加減、解放までのタイミングを熟知しているからといって、M女性側に首を絞められる心構えが無いとただの恐怖でしかありません。 SM初心者と言っても、潜在的にMっ気のある女性であれば彼氏とのセックスでも首を絞めるようお願いした経験もあるとは思いますが、 彼女ら素人が行う「ソフト」と我々が行う「SMプレイ」とでは意味もレベルも違うという事を今一度考えてみましょう。

イラマチオ

フェラチオとは違って基本的に男性手動による口内へのペニス挿入をイラマチオと呼びます。 ほとんどの場合、女性が嘔吐くほどに喉の奥までペニスを突っ込む事を指していますが、これもSM初心者にとって恐怖やトラウマになる原因の一つになりえます。

イラマチオがお互い楽しめるのは、首絞めと同じく「苦しみ」から来る快楽を女性が得つつも、 口内よりも締まりのある喉へペニスを挿入する快感があってこそ。 その苦しみや制圧されている感覚を気持ちよさとして開花できないままに、 SMプレイにおける本格的なイラマチオをすると女性にとっては苦痛でしかありません。 頭を掴まれている分、自身で制御も出来ず、呼吸もままならない状態がいつ終わるのかも分からない恐怖からトラウマを植え付けてしまうので注意しましょう。

言葉責め

どんなに丁寧なSMプレイを展開するS男性で在っても、言葉責めのボキャブラリーが無ければ台無し。 特に女性が「言葉責め」と受け取れないワードを使ってしまってはただの「悪口」となってしまうので言葉選びも重要です。 言葉責めはSMプレイを盛り上げるソースで在って、相手を傷つけるための物ではありません。 日本人ならば一人に一つはコンプレックスを持っているもの。 本人にはどうすることもできない事に対して直接的な罵倒は心を大きく傷つけてしまいます。 また本人じゃない第三者、例えば両親や友達などにまで言葉責めの対象にしてしまうのは絶対的にNGです。 言葉責めは各々のモラルによって大きく変化するので、自分が言われてイヤだと思う事ももちろんですが、節度ある言葉選びを意識しましょう。

見られて興奮・見つめて羞恥させる視姦フェチ

視姦とは文字通り目で見て相手に羞恥を与えたり、見つめられる事で性的興奮を感じるなど、 相手に直接手を触れず見ることによって性的興奮を感じる事を言います。 視姦と言う文字の作りから、相手の合意無く一方的に性的な目で注視するのが基本ですが、 見られている事に対して興奮してしまう視姦フェチな人も。 見られているだけ、見ているだけで得られる興奮なんてたかが知れてると思われがちな視姦も、 実は以外なポテンシャルの高さを秘めたプレイであることをまずは知ってもらいたく思います。 今回は視姦フェチ・視姦プレイについて、視姦する側に関してのまとめました。

視姦のポイント

セックスの開幕や前戯ではかなり高純度な羞恥責めになりうる視姦。 ですがただ見ているだけでは相手に羞恥を与えることはできません。 視姦する立場における有効なコツを紹介します。

どこを見ているのか分からせる

自分が今、どこを見ているのかを相手に理解させることで羞恥心は一層増します。 目線だけで伝えるのであれば、相手の目を見て目が合ったのを確認出来たら視姦の箇所を見ます。 これで視姦する相手はアナタの目線で自分の体のどこを見られているのか把握できるでしょう。 またSMプレイでは目隠しをしている事もあるので、 言葉でしっかりとどこを見ているのか、どういう状況なのかを伝えましょう。

きょろきょろしない

一点を集中して目線によって責める事が効果的な場合もあります。 「射るような視線」という言葉があるように、よそ見せず今一番相手のエロい部分に対して責め続けましょう。

気持ちを言葉に出す

今見ている箇所がどうエロいのか、そこをどうしたいのかを表現する事でも相手の興奮度は上がるでしょう。 乳首を視姦していた場合、「あんなにビンビンになって吸い付きたい」など、 この後そうされるかも知れない期待感と、自分に対して興奮してくれている満足感を与えます。

細かく説明する

視姦している箇所がどうなっているのかの詳細を伝える事で、見られている羞恥心を一層高めてくれます。 汁が垂れているのか、どんな色しているのか、やわらかそうなのか固そうなのか、どんな形になっているのかなど 事細かく伝え、相手も知らない自分の体の現状を理解させるのと同時に、そんなとこまで見られてるという感情からさらに気持ちを高揚させましょう。

2019/07/25

今日から始められるSMプレイ

SMプレイは特殊性癖です。その種類や難易度は様々。
よくわからないと“難しいもの”で“知っている人しか出来ないもの”ではなく、誰でも簡単に楽しむことができる最高の性嗜好です。

といっても、気を付けなければいけないことはあります。

まず、

□安全確認
知らないからこそ難しいプレイややったことがないものは慎重に行う。道具を使うものは見様見真似で適当に行わない。

□S=支配者、M=何をされてもいい側ではない
SはMを好きにしてもいい、なにをしてもいい。というわけではありません。SはMを知り極限までギリギリのスリリングをMと共に共有します。危険感知など気配りができなければいけません。Mは自分の出来ること出来ないことを知り、自分の性欲の為にSを利用するのは良くありません。お互いに気持ちよくなるためにSに忠誠を誓います。

□お互いに納得していることが前提
強制であってはいけません。どんなプレイもお互いに納得して楽しめるようでなければ性暴力になります。

もっとも、よく行われているプレイで、目隠しや手足の拘束、バイブやローターなど定番のアダルトグッズの使用、筆などでのくすぐりプレイなんかは道具さえあれば今すぐプレイすることができます。
場所も自分家でも出来るし、ラブホで気分転換でもいいでしょう。気持ちを盛り上げるためにSM調教が出来るホテルに行けばSMプレイを知らなくても雰囲気で刺激的に楽しめます。

そしてSMプレイはSとMの主従関係が成立すればプレイは何でもいいのです。

ひたすら言葉責めだけでも問題ありません。

緊縛や蝋燭といったような、専門の知識や道具がなくても、家にある洗濯ばさみやラップなど日用品を使って楽しむこともできます。
洗濯ばさみで乳首や性器を挟んだり、錘を付けていじめたり、ラップを体に巻き付ければ拘束できます。拘束された体はその刺激で敏感になりちょっと触るだけでも強い刺激を感じます。そこへバイブ責めをしてみたり。手足を折って巻けばダルマプレイも出来ます。

そう考えると意外にSMプレイは身近なものな感じがしませんか?
危険性の少ないことなら今すぐ始められます。

やってみて、もっとこんなことをしてみたい、こんなプレイに興味を持ったと感じたときに、それについての知識を得ていけばいいのです。

自分が初めてでも、相手が初めてでもSMプレイの最初はそんなところから始まります。
まずは、ちょっぴりアブノーマルな体験を全力で楽しんでみましょう。

1 / 47123...最後 »

SMNHコレクション

SMNHコレクション

昔に比べNH(ニューハーフ)の数、美人化は年々増しています。昨今のAVやTVの影響も大きいようで、新しい刺激を求めにNHとの出会いを求めるノーマル男性も増えています。男性のカラダを熟知しているNHのフェラテク、アナルの魅力を学ぶならパートナー選びはニューハーフ1択です。

飛翔する飛翔する