★ぎゃるもあ☆

★ぎゃるもあ☆

Mギャルを緊縛拘束したり、電マ、ロウソク、イラマチオで苛めたりするお仕置きプレイや、Sギャルに顔面騎乗や手コキ、脚コキ、逆アナルされたり用途は様々。キャバ嬢などキレイ系の白ギャル好き、アクティブでパリピな黒ギャルを捕まえて、思いっきりぶちまけましょう。

ピアスタグの記事一覧

乳首に奴隷の証を刻印する

「性奴隷にしてください」

ノーマルな人がこれを聞くと非現実的で嘘のように聞こえると思う。
ただ、女性の裏側を知るとそんな言葉なんてほんの一部なんだと理解する。

セックスのステータスとしてSとMに別れると思うが、私が出会った中で過去最高のM女はSM掲示板で知り合った。

最初は週1回の奴隷化調教で可愛がっていた。
徐々に内容も濃さを増していくと、ある時、こんな発言が出た。

「奴隷の証をください」

その一言で私も最高の奴隷にしようとあるモノを用意した。

真っ白な体にピンと尖ったピンクの乳首
そこに奴隷の証を刻印してやった。

「あっ!、、、い、痛っ!」

真っ白なおっぱいに赤色の一本の筋が描かれる。

そう、乳首にピアスを施すことで私の奴隷の証として認めた瞬間だった。
最初は痛がっていたが、脚をブルブル震わせ痛みがあるのに関わらず股間は濡れている。

「あ、ぁりがとうございます」

奴隷から送られてくるLINEの内容がこれだ。

「ご主人様に頂いた”証”がジンジンして興奮しています」

それ以後、会った瞬間から下着がビチョビチョに濡れていることは既に当たり前になっていた。

性感帯の乳首を四六時中つままれているような感じになっているらしい。

「次はクリトリスに証をあげよう」

その言葉を発した瞬間、奴隷は股間をモジモジさせていた。

こんな変態性奴隷が現実に存在しているからこのSMの世界はとても興味深い。

アナルセックス初心者はアナルのいろはを経験者から学ぶべき

ノーマルセックスに飽きてくるとやはり求めるのは新しいプレイだ。
彼女や妻には中々アブノーマルなプレイをお願いできないという関係がセックスレスになっている原因でもある。

それならセフレを作ってしまえば解決。

まずはセフレになりそうなパートナーを探すべきだ。

私の場合、当時彼女がいたが私にアナルセックス願望があったにも拘らず彼女から拒否されてしまっていた。

その時にセフレを作ろうと思ったのが当時の私だ。

もちろんセフレには自分が望む嗜好のセックスをしたいのでアナルプレイOKな女性を募集をした。

その時私がアナルセックスは初めてだったのと、相手が経験者だったのでアナル開発などのアナルのいろはを色々教えてもらった。

その女性も最初はアナル開発を当時のパートナーから教え込まれたようで、その時に教えてもらった開発手順やノウハウを私に教えてくれた。

その甲斐あって、かなりスムーズにアナルセックスという目標も達成できた。
そのあとはその女性をパートナーとして経験を積み、新規の女性達とアナルプレイを楽しませてもらった。

やはりセックス同様、初めて同士の手探りでやるより、経験者とすることでスムーズにできるので絶対に経験者とやることを勧める。

個人的に驚いたのは、見た目遊んでそうな雰囲気の子より大人しい清楚な子が多かったことが一番の驚き。
脱いだら乳首にピアスやクリトリスにピアスなんていう子もいた。

クリピアスは感度を上げすぎるので注意が必要

私が可愛がっているSMパートナーは週二回ほど私のクリトリス調教を受けている。
最初はソフトSMのみしか受け付けなかった女が今では、クリピアスを装着するまでに育った。
私の場合は、調教されている女より断然未調教の女を育てていくのが好きだ。
なるべくそういったSMに”興味がある” or ”やってみたい”と思っている子が多いSMサイトを利用して見つけている。
私の経験上、今まで失敗をした経験や所謂ハズレを引いたことは一度もない。

SM系の出会いサイトで出会った私のパートナーは、調教し始めた頃はクリトリスが米粒程度だった。
だが今では、包皮もズル剥けで通常時でも大豆以上まで大きくなっている。
しかも、クリピアス装着以降、下着とピアスが擦れるとビチョビチョになってしまうらしく、ノーパンスカートで生活している。

彼女曰く、クリトリスを大きくすると感度が上がりすぎるから日常でも興奮が止まらないらしい。
トイレに行くと勝手に手がクリを触っているというくらいだから効果は凄まじい。
さらにオナニーをするとクリ勃起とともに真っ赤になり、太ももにマン汁が垂れてしまうくらいの感度がくるとの事。

私の調教は至ってシンプルで、ローションなどの潤滑液で滑らかにする。
包茎クリトリスの場合は包皮を優しく剥いてからローターなどの刺激に慣れさせつつクリキャップを被せていく。
吸引ポンプなどは極力使わないが、元々クリが小さい子は簡単なクリ調教でも大きくなるので、目に見えて大きくなった時点で感度も相当上がっているので問題ない。

クリピアスに関しては先ほども言ったが、感度が上がりすぎてしまうので注意が必要だが、より快感を求めるマゾヒストはぜひオススメする。
パートナーの理解と知識がある事が前提だが、結果としてSMの極地に到達することが可能だ。
いわゆる開発⇒調教といった工程になるが、これをしっかり守ればソフトSMからハードSMまでの道のりはさほど遠くは無い。
間違ってはいけないのが洗脳では無いという事だ。
最近は、ノーマルセックスでもソフトSMを取り入れている人が多いので、ワンランク上を望むマゾ女が増えているのは間違いない。

SM好きな女性は一度ハマるとセフレ以上に良きパートナーとなる。お互い割り切っているので恋人ほど手も掛からないのも良い。そういったパートナー探しも今の時期は需要とマッチング率が高いのでぜひオススメする。

1 / 6123...最後 »

ペニクリANGEL

ペニクリANGEL

NH、シーメール、男の娘のペニクリをいじったり、ホールに突き刺して新感覚を味わえるチャンスがココにはある。マンネリや新しい性を体験してみたい方はぜひ。

飛翔する飛翔する