Shining

Shining

ラバー、レザー、PVC、エナメル、サテンなど、ツルツルテカテカした光沢素材やデニム、毛皮などの特徴のある素材、着ぐるみや全身タイツなど全身を覆うタイプの衣服のフェチの為のコミュニティです。第二の皮膚と呼ばれるスーツを身にまとい、最高のフェティシズムを感じながらのプレイは五感では足りない快楽を体感できます。

ピアスタグの記事一覧

元鍼灸師による乳首針刺し

私は以前、はり師・きゅう師と呼ばれる仕事に従事していた。
健康や改善を兼ねての針治療だったりするのだが、ある時から性的な感情が芽生えてしまった。
裸や恥部に興味があるわけではない。
気持ちいいと言われる治療ではなく、相手が時に苦痛と快楽を感じている表情がもっと見たくなったのだ

そもそも針という点で凶器のイメージが強いが、SM要素の目線で考えれば自分の理想とする領域に行けるのではないかと思い、半年ほど前からM属性の強い女性と関わることが多くなった
実際に会ってみるとM気質の強い女性は絞められたり、拘束されたりすることで快楽に浸る人が多いとわかった。

「乳首をつまんでください!!!」

「ちゃんとお願いしなさい!!!」

私自身もスイッチが入ると仕事とは違い、S気質の強い性格だとわかった。
SMサイトで知り合う女性は個性が強く、私の嗜好にマッチングしやすく直ぐ溶け込むことができた。
今ではパートナーが複数名いるが、全員に乳首針刺しをしている。
むしろ懇願されたくらいだ。
望む女には乳首ピアスを施し、奴隷として飼っている

針刺し初心者の人間は痛みや恐怖などで踏み込みづらいが、私のようにカラダを知り尽くしているものであれば安心して受け入れてくれるようだ。
初めて乳首に針を通す瞬間の顔はいつ見ても気持ちよくそして心地よい。
仕事とプライベートの調教は別にしているのも私のやり方である。

元・鍼灸師というだけあって依頼をされるケースは多い。

最近ではアナルピアスとクリピアスもやっているので嗜好が合うサイトは何かと便利で助かる。

2016/10/28

針刺しとピアスでソフトからハードへ

ソフトSMは通常のセックスの中でも当たり前のようにプレイされている。
目隠し、露出、野外プレイ、言葉責め、スパンキング、おもちゃ責めなど。
それでSMにハマったなんて言われたら、私とプレイした瞬間、喘ぎ声が悲鳴に変わるだろう。

ソフトM嬢からハードM嬢に育てるのが好きな私は、定期的にSMサイトでパートナーを見つけ、徐々に調教を行い育てていく。
もちろんプレイ自体も好きだが、調教する過程が一番私の興奮度を増幅させてくれる。

「いじめられるが好きです。ちょっとならお尻を叩かれるのも好き」

こういう奴は最高の奴隷予備軍だ。
最初は要望通りのソフトSMで対応をする。
スパンキングの叩き方の強弱で相手の反応を見て、今後の調教に適しているかどうかを見るのが重要なポイントだ。

「ちょっと痛いし~。」

「チンチン舐めていい?」

「違う、ありがとうございます。オチンチン舐めさせてください。だろ?」

「ご、ごめんなさい。」

「おっきなオチンチン舐めさせてください」

こうやって徐々に主従関係を構築していき、調教内容も加速させていく。
この時点で女は完全に奴隷ペットになり果てている。
最初はアナルに指一本しか入らなかったのが、調教によって極太ディルドを咥えるまでになった。
この奴隷ペットは痛いのも快感になってきたようで、ある時から耳や舌にピアスもつけるようになった。
もちろん私のアドバイスをしっかり聞いた素直な奴隷である証拠だ。

最近では乳首に医療用の針を刺し、乳首に針刺しで快感に浸っている最高のM女奴隷ペットにまで育った。
元々乳首が尖っていた為、刺しやすい乳首というのを提案したところ、奴隷も不安ながら承諾。
針マッサージで顔や体に刺すのがあるように、乳首に刺すなんてなんら問題ない。
むしろ快感を増幅させるいい治療だと私は思っている。
奴隷もしっかりと頷き股間を濡らしながら欲しがっている。
この奴隷ペットは濡れ過ぎて、パンツをいつも濡らし、替えの下着を持っているくらいのレベルだ。
なんでこんな感じているかって?
それは乳首にピアスがこすれて感じるから。
というのが答えだ。
今年中にクリピアスを付けてノーパンで散歩させるのが楽しみだ。

慣れているハードタイプより、育て甲斐のあるソフトタイプの女を探して調教していくのも面白い。そういう女の方が従順で最高のペットになるのは既に私が何人も育てたから分かる。ぜひ楽しんでほしい。

2016/10/17

欲しがる雌犬奴隷には奴隷の刻印と褒美を与える

真性のM女はご主人様との主従関係を表す奴隷としての証を欲しがる。
私はこの人に飼われているという幸福を実感する為である。
とあるSM専門の出会い系サイトで知り合ったM女がまさにその証を欲しがる雌犬であった。
会って早々に、

「ご主人様の印を刻印してください」

徐々に調教していく為に、まずはそっと胸の辺りにキスマークを刻印してやった。 女は目がトロンとして、餌を欲しがる雌犬奴隷として受け入れようとしている。

「私専用の奴隷になるなら、もっといいものを与えてあげるよ」

「はい。ご主人様から頂けるものなら何でも喜んで頂戴致します」

私は用意してきた、ピアスを見せ、お互いピアッシング経験はあるので女はこの後何が起こるかは予想できているようだ。
期待感とスリルで興奮しているようにも見える。

「ちょっと痛いかもしれないけど、騒ぐなよ」

「や、あぁ、あぁあああああ!!!」

「静かにしなさい」

女の乳首は大きめなので比較的刺しやすく、ぶら下がっているピアスが勃起した乳首にキラリと光っている。
女も痛みと興奮で下着に大きなシミを作っている。
痛みを快楽に変える変態奴隷にゾクゾクする。
その後、ノーブラでワンピースを着させ、そのまま夜の公園を散歩して周りの目を気にしながら歩いている女に最高の興奮を覚えた。

「乳首のピアスが洋服と擦れて・・・」

あとで、下着を確認するとビチャビチャになっていた。
その後公園のトイレで思いっきりハメてイカせてやった。
雌犬奴隷はしっかりと調教して、最後はご褒美をあげないといけないからな。

主従関係がしっかりと成り立つにはまずは相性の良いパートナーを見つけることが大切。まだ最高の奴隷に巡り会えていない方は、専門のサイトで探すと相性確認しやすいので直ぐ見つかると思う。

2016/09/30

SMNHコレクション

SMNHコレクション

昔に比べNH(ニューハーフ)の数、美人化は年々増しています。昨今のAVやTVの影響も大きいようで、新しい刺激を求めにNHとの出会いを求めるノーマル男性も増えています。男性のカラダを熟知しているNHのフェラテク、アナルの魅力を学ぶならパートナー選びはニューハーフ1択です。

飛翔する飛翔する