Pierce-ピアス-

Pierce-ピアス-

肉体的苦痛を伴うプレイを願望するS男女、M男女。風俗店でも経験できない、SMプレイの中でも屈指のハードプレイ願望を叶えてみませんか。目的と嗜好が同じであれば、後はお互いに気の赴くままに痛みを快楽に変えてプレイが可能です。一度踏み入れたら病みつきになります。

M女タグの記事一覧

S男が気を付けたいSM初心者へのプレイ

SM初心者を相手にする場合、特にS男側が初心者のM女性に対して知っておきたい心得を改めてまとめてみます。 SMの世界と言えどもまだまだ偏見からか少数派の域を超えない現状がある中、 これからSMの世界へ参入する新規ユーザーに対して、我々既存のプレイヤーがこの業界への敷居を上げてしまっているのも事実です。 比率としては男性はS気質が多いのに対して女性はM気質な方が多くあるのですが、 初めてのSMプレイにて想像していた内容と違ったり恐怖やトラウマを与えてしまったりと、 新規ユーザーを逃がしてしまっているのもこの業界が抱える問題として感じます。

特に初心者M女性に対しては、未熟なS男性によって受けなくていい心身的なダメージを受けたり、 初心者という弱い立場に漬け込んだ傲慢や、先輩である威厳を誇示したいがために、 本来体験すべき楽しいSMプレイが二度と経験したくないイヤな思い出となってしまう事があります。 これが横行してしまうとこれからのSMの世界を担う後輩たちはもちろん新規ユーザーたちはどんどん離れ、SM全体が衰退していってしまうと危惧します。 そうならないためにも我々先人たちがSM初心者を迎えるための心構えや思いやりをもう一度考え、一人でも多くの仲間を増やしていくべきです。 今回はそんな初心者に対する気を付けるべきSMプレイをS男性側の視点でまとめてみました。

首絞め

「苦しみ」を快楽に転換することでエクスタシーを感じる首絞めプレイも、いきなり初心者に対して行うのは危険です。 いくら首の絞め方や力加減、解放までのタイミングを熟知しているからといって、M女性側に首を絞められる心構えが無いとただの恐怖でしかありません。 SM初心者と言っても、潜在的にMっ気のある女性であれば彼氏とのセックスでも首を絞めるようお願いした経験もあるとは思いますが、 彼女ら素人が行う「ソフト」と我々が行う「SMプレイ」とでは意味もレベルも違うという事を今一度考えてみましょう。

イラマチオ

フェラチオとは違って基本的に男性手動による口内へのペニス挿入をイラマチオと呼びます。 ほとんどの場合、女性が嘔吐くほどに喉の奥までペニスを突っ込む事を指していますが、これもSM初心者にとって恐怖やトラウマになる原因の一つになりえます。

イラマチオがお互い楽しめるのは、首絞めと同じく「苦しみ」から来る快楽を女性が得つつも、 口内よりも締まりのある喉へペニスを挿入する快感があってこそ。 その苦しみや制圧されている感覚を気持ちよさとして開花できないままに、 SMプレイにおける本格的なイラマチオをすると女性にとっては苦痛でしかありません。 頭を掴まれている分、自身で制御も出来ず、呼吸もままならない状態がいつ終わるのかも分からない恐怖からトラウマを植え付けてしまうので注意しましょう。

言葉責め

どんなに丁寧なSMプレイを展開するS男性で在っても、言葉責めのボキャブラリーが無ければ台無し。 特に女性が「言葉責め」と受け取れないワードを使ってしまってはただの「悪口」となってしまうので言葉選びも重要です。 言葉責めはSMプレイを盛り上げるソースで在って、相手を傷つけるための物ではありません。 日本人ならば一人に一つはコンプレックスを持っているもの。 本人にはどうすることもできない事に対して直接的な罵倒は心を大きく傷つけてしまいます。 また本人じゃない第三者、例えば両親や友達などにまで言葉責めの対象にしてしまうのは絶対的にNGです。 言葉責めは各々のモラルによって大きく変化するので、自分が言われてイヤだと思う事ももちろんですが、節度ある言葉選びを意識しましょう。

「知らなかったでは済まされない!」ハード調教を行うときの注意点と進め方

SMの世界にどっぷりはまってしまうと、ノーマルであることが本当に薄すぎて快楽を感じにくくなってしまいます。
ただ単に性処理がしたいだけなら、セックスをすればいいかもしれませんが、肉体的に満足は得ても精神的にも大満足だといかないくなってしまうのです。

SMに関われば関わるほどもっと強くもっと深くと思えてきてしまうので、(表現的に合っているのか迷いますが)“依存性がある”“中毒性がある”と思います。

お仕事でSMに関わっている人はまた感覚が違いますが、SMにハマってしまう人は、そんなSMの魅力に取りつかれています。

そんなSMプレイは奥が深くS側もM側もそれぞれに魅力があり楽しみがあり快感があります。

SMを存分に楽しむにはS側もM側も両方体験してみるのがいいと言われますが、全くその通りで両方体験しているのとそうじゃないのとでは楽しい度合が全然違います。

調教がうまいS者はM者の気持ちをわかるために調教を受けると聞きますが、それは本当の話し。プレイの内容にもよるし、絶対そうした方が言いという決まりはないですが、人は体験しないとその考えや感情、感覚はわかりません。きっとこうだろうという想像だけでは立派な調教師にはなれません。
屈辱であってもMとして調教を受けて自分の糧にしていくと、さらにSMの世界の深みが増して楽しめます。

さて、堅苦しいことはさておき、SMも追及をしていく趣味と同じです。

M女をハードプレイで調教するときどんなことに気を付けたらいいのだろう。

それは、まずどんなM女に育てていきたいのかを考えます。

従順な性奴隷にしたいのか、痛めつけることに快感を得たいのか、ペットとして可愛がりたいのかなど、自分のM女がどうなってほしいのかを考えると調教の方向性が決まってくると思います。

もちろん、どうしても無理だとM女がNGを出していることを実行するのはただの暴力になるので出来ませんが、ハード調教にも耐えられるように育てていくことは出来ると思います。

ハード調教の進め方

鞭打ちは痛いからやりたくないというM女がいたとします。そのM女はペットとして躾中。ならばペット調教の一環で鞭で言うことを聞かせるならなんとなく鞭打ちに持っていきやすいと思いませんか?一本鞭は無理でもバラ鞭や平手でスパンキングなどはやりやすいと思います。ペットの躾というのを利用した鞭打ち。

スカトロはしたくないというM女なら赤ちゃんプレイで調教して、うんちの練習としておまるを使ったり、浣腸しておむつに排泄できるようにするなど。

一見、M女も嫌がっているし無理かな?というプレイも何かにかぶせてしまえば、調教の流れや場の空気で出来てしまうこともあります。
「やりたくないと言っているプレイを、無視していきなりやってしまう」からM女が離れてしまうのであって、嫌だけどなんか今ならできるかもしれないというような空気を作ってしまえばハード調教もできたりします。

加減はするのが前提

先にも述べましたがM側の気持ちがわからないとSとして成り立たないのは加減が分からないからというのがあります。
痛みが少ないというバラ鞭でも思いっきり振り下ろせば当然痛いです。叩いている満足感がある大きな音を出しながら痛みは最小限で済む力加減の仕方はどうやるのか?浣腸液はどれだけ入れたら体にどんな影響が出るのか?
怪我や後遺症の残らないギリギリのラインを知っていないと取り返しのつかないことになってしまいます。
人によって丈夫さや感じ方は違いますが上限を把握しておくのはとても重要なことです。

ハード系に入るプレイなら尚更最初は力加減に気を使うべきです。生きている生身の人間なので、行ったことで起こり得る現象を想像してプレイしなくてはいけません。

針やピアスなど怪我系の調教は加減のしようがありませんが、血を見たい、ケガの様子を見たいといった好奇心より先に、行う場所を考えたり本数を考えたり、1本試して様子を見るという配慮ができるS者であってほしいです。M側が望んでいても慎重に行動しましょう。

2019/07/09

S男からM男にジョブチェンさせた乳首舐めの魔力

年齢を重ねると性感帯も変わってくる。
好みのタイプも年々変わってしまうこともよくある事だ。

元々、S男だったのだが奉仕好きのM女に乳首奉仕をさせまくっていたら乳首が性感帯になり、徐々に乳首舐めの時だけM男になってしまう自分がいた。

勃ちが悪いとき、乳首舐めをしてもらったり、自分で乳首を触ったりして勃たせるということは男性なら一度は経験があるだろう。

パートナーはM女で舐め奉仕させているとき、基本私はSなのだが、心と下半身は完全にMモードになってしまっている。

「きもひ、いいでひゅか?(気持ちいいですか)」

唾液たっぷりで乳首を舐めながら上目遣いでこちらを見ている。

右乳首は舌先で舐められ、左乳首は右手で弾かれたりつままれたり。
左手はギンギンに勃起したペニスを手コキでしごかれている。

勃起させる為に乳首舐め奉仕させていたのに、実は責められているということに気が付く。

パートナーはSM系の出会いサイトで知り合った、若い白ギャルだ。
普段は出会えないギャルとの絡み、責められているというシチュエーションに興奮が止まらない。

情けない話、最近は乳首だけでイカされてしまうカラダになってしまった。
いつの間にか開発する側が乳首開発をされてしまっていた。

性感帯や好みのタイプは変わるのは知っていたが、SとMまで逆転してしまうとは思いもしなかった。

最近では乳首を責められていると想像するだけで、勃起してしまう。

AVでも乳首開発や乳首責め、痴女系ばかり見入ってしまう。
完全に乳首舐めの魔力に憑りつかれ、結果としてS男からM男にジョブチェンジしてまった。

平日夜はパートナーと遊んで、休日はひたすら見放題AV動画を観てオナニーとチクニーしまくる日々はもはやルーチーンワークになっている。
無料トライアルだけして退会しようと思ったがルーチンワークの為、翌月も継続してしまう自分がいる。

1 / 212

豚小屋

豚小屋

ご主人様の命令は絶対!いつでもどこでもメール調教、LINE、電話など。いつ命令がくるかわからない。命令無しでは生きていけない変態マゾブタ。人間から豚に変身させたいサド主。真のSM主従関係を築きたい方はオススメです。

飛翔する飛翔する