Shining

Shining

ラバー、レザー、PVC、エナメル、サテンなど、ツルツルテカテカした光沢素材やデニム、毛皮などの特徴のある素材、着ぐるみや全身タイツなど全身を覆うタイプの衣服のフェチの為のコミュニティです。第二の皮膚と呼ばれるスーツを身にまとい、最高のフェティシズムを感じながらのプレイは五感では足りない快楽を体感できます。

M男タグの記事一覧

初心者M男がハード調教にハマるわけ「フェチ性と相性」

フェチ性が強い程ハード調教に繋がると実感した 初心者M男がハード調教にハマるわけ「フェチ性と相性」

これは「私の感覚」なだけかもしれない。数々のSMプレイ、いろんな人との体験、いろいろ見たり聞いたりしていくと、M女とM男ではハードさが全然違うのだと感じます。
M女の場合はプレイのハード性や性処理などが多く含まれるが、M男の場合はフェチ性の高さが多く含まれるように思います。
調教がハードかどうかというよりはフェチ性が高いかどうかが強いのではないでしょうか。

たとえばだいたいのM男はアナルを開発します。
そしてM男はのめり込むととことん追求していくため勝手にハード調教になっていく。

しかし、本人たちはハードだとかソフトだとか意識はしておらず、プレイの追求、相手との信頼の深さを計るために行っている。
男性がひとつのことを深く追求していくことは、形が違うだけで職人やアーティストなどと何ら変わりはないのだと思う。

SMパートナーについて

初めての相手だと、SM好きということ以外よくわからない状態なのでその場の空気がどことなくぎこちなく感じますが、私はどの瞬間の時間も大切にしています。
初々しさや緊張感は、本当に初めだけの特別な感情なので、相手を知ろうとするワクワク感を楽しむようにしています。

その人を深くは知らなくてもどんなものが好きでどんなプレイが好きかくらいはお互いにわかっています。
だから話しをしながら探り探りで時間を深めていくのがとても心地よく好きなひとときです。
初めてだからこそ深く味わうことができるこの瞬間を他のSM好きなM男性達にも気付いてもらいたいです。

ある男のアナルプレイ体験談

その男の癖はアナルと匂いフェチです。
アナル好きといってもアナニーはしません。自分でやっても今一気持ちが良くないからです。もちろん個人差があるのでたまたまアナニーが合わなかったというだけのこと。自分で刺激するよりも女性に犯されているというシチュエーションが好きでアナルでメスイキすることに悦びを覚えるタイプでした。

犯される気持ちを味わってみたい、女性のように喘いでみたい、そんな感情から始まったアナルプレイ。
とはいってもアナルを開発するのは簡単ではありませんでした。アナルプレイ前に浣腸するのが体質的にどうしても馴染めずシャワ浣で慣らしていきました。アナルを広げるのも初めはとても違和感があるので細いもので慣れていき、前立腺でもイケるように長いことかけて調教をしていきました。

そんなアナル初心者が今では極太ペニバンでバンバン掘られまくり。浣腸も特大浣腸器で注入しなければ気が済まない変態アナルへと成長していったのです。

やっていくと慣れてハード化する

相変わらずアナニーはしませんが、フィストまで出来るアナルに成長しました。今度は腕も飲み込めるように頑張りたいとのこと。
人は刺激に慣れるとさらに強い刺激を求めて過激化していきます。それが性快楽なら尚更自分で止めるのは難しいです。

浣腸すらためらっていたM男が浣腸好きになり、時にはエネマシリンジまで愛用するようになり、ペニバンでしかイケないようになりました。
強い刺激を受けることで射精を同じような、もしかしたらそれ以上の快楽を感じているのかもしれません。

だいたいみんな同じ

いろんな相手とプレイをするよりも同じ人と進めていく方が相手をわかっている分、性格や考え方のクセ、好むもの、どう感じているかなどが掴み取りやすく、それは相手も同じことなのでコロコロ変えるのはやめた方が良さそうです。

フィストやそれ以上のことともなるとあちこちにいるほどたくさんではありませんが、ほとんどの人はプレイがどんどんハードになっていきます。
逆にやりたいプレイでも全然楽しめなくてやめてしまう人もいます。
これは全て相手とのフィーリングだと思います。相性がいい女性だと無意識に追求していき気付いたらハードプレイ思考になっていたといった感じです。
全然楽しめない人は相手との相性が合わず気持ち良く感じていない。

だからSMでは、セックスをする以上に相手とのフィーリングが大事です。

2019/07/23

S男からM男にジョブチェンさせた乳首舐めの魔力

年齢を重ねると性感帯も変わってくる。
好みのタイプも年々変わってしまうこともよくある事だ。

元々、S男だったのだが奉仕好きのM女に乳首奉仕をさせまくっていたら乳首が性感帯になり、徐々に乳首舐めの時だけM男になってしまう自分がいた。

勃ちが悪いとき、乳首舐めをしてもらったり、自分で乳首を触ったりして勃たせるということは男性なら一度は経験があるだろう。

パートナーはM女で舐め奉仕させているとき、基本私はSなのだが、心と下半身は完全にMモードになってしまっている。

「きもひ、いいでひゅか?(気持ちいいですか)」

唾液たっぷりで乳首を舐めながら上目遣いでこちらを見ている。

右乳首は舌先で舐められ、左乳首は右手で弾かれたりつままれたり。
左手はギンギンに勃起したペニスを手コキでしごかれている。

勃起させる為に乳首舐め奉仕させていたのに、実は責められているということに気が付く。

パートナーはSM系の出会いサイトで知り合った、若い白ギャルだ。
普段は出会えないギャルとの絡み、責められているというシチュエーションに興奮が止まらない。

情けない話、最近は乳首だけでイカされてしまうカラダになってしまった。
いつの間にか開発する側が乳首開発をされてしまっていた。

性感帯や好みのタイプは変わるのは知っていたが、SとMまで逆転してしまうとは思いもしなかった。

最近では乳首を責められていると想像するだけで、勃起してしまう。

AVでも乳首開発や乳首責め、痴女系ばかり見入ってしまう。
完全に乳首舐めの魔力に憑りつかれ、結果としてS男からM男にジョブチェンジしてまった。

平日夜はパートナーと遊んで、休日はひたすら見放題AV動画を観てオナニーとチクニーしまくる日々はもはやルーチーンワークになっている。
無料トライアルだけして退会しようと思ったがルーチンワークの為、翌月も継続してしまう自分がいる。

Anal CRIMSON

Anal CRIMSON

もはやアブノーマルプレイでは無くなっているアナルセックス。穴の有効活用と開発を求めるM女も多く、おもちゃ責めで楽しむプレイも人気。M男ならがっつり責めてもらい射精以外での新しい感覚にハマってしまう人もいます。新たな性感帯を探している方にはオススメ!

飛翔する飛翔する