おしりクラブ

おしりクラブ

お尻、アナルに特化したプレイを求める方が集うサイト。ノーマルホールを経験した方が次の穴を求めて集まり、攻め手・受け手ともに今まで経験したことのない快楽を味わえます。

SM初心者タグの記事一覧

S男が気を付けたいSM初心者へのプレイ

SM初心者を相手にする場合、特にS男側が初心者のM女性に対して知っておきたい心得を改めてまとめてみます。 SMの世界と言えどもまだまだ偏見からか少数派の域を超えない現状がある中、 これからSMの世界へ参入する新規ユーザーに対して、我々既存のプレイヤーがこの業界への敷居を上げてしまっているのも事実です。 比率としては男性はS気質が多いのに対して女性はM気質な方が多くあるのですが、 初めてのSMプレイにて想像していた内容と違ったり恐怖やトラウマを与えてしまったりと、 新規ユーザーを逃がしてしまっているのもこの業界が抱える問題として感じます。

特に初心者M女性に対しては、未熟なS男性によって受けなくていい心身的なダメージを受けたり、 初心者という弱い立場に漬け込んだ傲慢や、先輩である威厳を誇示したいがために、 本来体験すべき楽しいSMプレイが二度と経験したくないイヤな思い出となってしまう事があります。 これが横行してしまうとこれからのSMの世界を担う後輩たちはもちろん新規ユーザーたちはどんどん離れ、SM全体が衰退していってしまうと危惧します。 そうならないためにも我々先人たちがSM初心者を迎えるための心構えや思いやりをもう一度考え、一人でも多くの仲間を増やしていくべきです。 今回はそんな初心者に対する気を付けるべきSMプレイをS男性側の視点でまとめてみました。

首絞め

「苦しみ」を快楽に転換することでエクスタシーを感じる首絞めプレイも、いきなり初心者に対して行うのは危険です。 いくら首の絞め方や力加減、解放までのタイミングを熟知しているからといって、M女性側に首を絞められる心構えが無いとただの恐怖でしかありません。 SM初心者と言っても、潜在的にMっ気のある女性であれば彼氏とのセックスでも首を絞めるようお願いした経験もあるとは思いますが、 彼女ら素人が行う「ソフト」と我々が行う「SMプレイ」とでは意味もレベルも違うという事を今一度考えてみましょう。

イラマチオ

フェラチオとは違って基本的に男性手動による口内へのペニス挿入をイラマチオと呼びます。 ほとんどの場合、女性が嘔吐くほどに喉の奥までペニスを突っ込む事を指していますが、これもSM初心者にとって恐怖やトラウマになる原因の一つになりえます。

イラマチオがお互い楽しめるのは、首絞めと同じく「苦しみ」から来る快楽を女性が得つつも、 口内よりも締まりのある喉へペニスを挿入する快感があってこそ。 その苦しみや制圧されている感覚を気持ちよさとして開花できないままに、 SMプレイにおける本格的なイラマチオをすると女性にとっては苦痛でしかありません。 頭を掴まれている分、自身で制御も出来ず、呼吸もままならない状態がいつ終わるのかも分からない恐怖からトラウマを植え付けてしまうので注意しましょう。

言葉責め

どんなに丁寧なSMプレイを展開するS男性で在っても、言葉責めのボキャブラリーが無ければ台無し。 特に女性が「言葉責め」と受け取れないワードを使ってしまってはただの「悪口」となってしまうので言葉選びも重要です。 言葉責めはSMプレイを盛り上げるソースで在って、相手を傷つけるための物ではありません。 日本人ならば一人に一つはコンプレックスを持っているもの。 本人にはどうすることもできない事に対して直接的な罵倒は心を大きく傷つけてしまいます。 また本人じゃない第三者、例えば両親や友達などにまで言葉責めの対象にしてしまうのは絶対的にNGです。 言葉責めは各々のモラルによって大きく変化するので、自分が言われてイヤだと思う事ももちろんですが、節度ある言葉選びを意識しましょう。

今日から始められるSMプレイ

SMプレイは特殊性癖です。その種類や難易度は様々。
よくわからないと“難しいもの”で“知っている人しか出来ないもの”ではなく、誰でも簡単に楽しむことができる最高の性嗜好です。

といっても、気を付けなければいけないことはあります。

まず、

□安全確認
知らないからこそ難しいプレイややったことがないものは慎重に行う。道具を使うものは見様見真似で適当に行わない。

□S=支配者、M=何をされてもいい側ではない
SはMを好きにしてもいい、なにをしてもいい。というわけではありません。SはMを知り極限までギリギリのスリリングをMと共に共有します。危険感知など気配りができなければいけません。Mは自分の出来ること出来ないことを知り、自分の性欲の為にSを利用するのは良くありません。お互いに気持ちよくなるためにSに忠誠を誓います。

□お互いに納得していることが前提
強制であってはいけません。どんなプレイもお互いに納得して楽しめるようでなければ性暴力になります。

もっとも、よく行われているプレイで、目隠しや手足の拘束、バイブやローターなど定番のアダルトグッズの使用、筆などでのくすぐりプレイなんかは道具さえあれば今すぐプレイすることができます。
場所も自分家でも出来るし、ラブホで気分転換でもいいでしょう。気持ちを盛り上げるためにSM調教が出来るホテルに行けばSMプレイを知らなくても雰囲気で刺激的に楽しめます。

そしてSMプレイはSとMの主従関係が成立すればプレイは何でもいいのです。

ひたすら言葉責めだけでも問題ありません。

緊縛や蝋燭といったような、専門の知識や道具がなくても、家にある洗濯ばさみやラップなど日用品を使って楽しむこともできます。
洗濯ばさみで乳首や性器を挟んだり、錘を付けていじめたり、ラップを体に巻き付ければ拘束できます。拘束された体はその刺激で敏感になりちょっと触るだけでも強い刺激を感じます。そこへバイブ責めをしてみたり。手足を折って巻けばダルマプレイも出来ます。

そう考えると意外にSMプレイは身近なものな感じがしませんか?
危険性の少ないことなら今すぐ始められます。

やってみて、もっとこんなことをしてみたい、こんなプレイに興味を持ったと感じたときに、それについての知識を得ていけばいいのです。

自分が初めてでも、相手が初めてでもSMプレイの最初はそんなところから始まります。
まずは、ちょっぴりアブノーマルな体験を全力で楽しんでみましょう。

SM初心者をソフトSMで育てていく

妻にも秘密にしているのですが、昔からSMが好きで、今で言うソフトSMというものが大好きで、出会い系で遊ぶM女性にはいろいろとお世話になっています。

先日も私好みのM女性が集まるサイトで、20代前半の女性とサイトのやり取りから直接LINE交換をし、2週間程度でデートをすることになりました。

その女性は仕事で上司からセクハラを受けているそうで、嫌なんだけど実はもっとしてほしいというM願望に目覚めたSM初心者の女性です。ただ、上司が好みでもなんでもないので、もっとタイプの人に辱められたり虐められたりしたいとの事。私にとっては願ったり叶ったりの相手でした。

「優しくしてくれますか?」

この返事が来た時点で勝ち確ですね。

「うん、心配しないで、優しくするよ」

この手のやり取りは既に何十回いや何百回やってきているので、早速彼女用に初心者向けの調教道具を用意しました。目隠し、バイブ、ローター、電マ、手錠など。

待ち合わせ場所に現れたのは、大人しい感じの清楚系の女性。服の上からでもわかる巨乳でした。簡単に自己紹介も済ませ、個室居酒屋へ移動します。乾杯をした後は用意しておいたローターを出しトイレで挿れてくるのとブラジャーを外してくるよう命令しました。

戻ってきた彼女は股間をモジモジさせながら、乳首の突起が分からないように、腕を組んでいます。お酒と恥ずかしさで顔がほんのり赤くなっている彼女を見ると、もっといじめたくなります。

店員を注文で呼び、彼女に注文させる。明らかに声を我慢しながら喋っているのが最高に興奮する。店員が去った後に、パンツ越しに確認してみると染みが広がりビチョビチョになっていました。さらに直接マンコを触るとグチョグチョになっていて、自然と股を広げ始めました。

「恥ずかしい」

何度も連呼する彼女。個室でこちらから呼ばない限り店員は来ないので、そのまま私のモノを出し、フェラをさせながらオナニーをさせました。私もかなり興奮していたので、彼女の口の中にたっぷりと出してしまいました。終わった後に彼女の座っていたところを見ると水たまりが出来ていたので慌てておしぼりで拭きました。その後はホテルでじっくりと道具を使って教育してあげました。

今では自分からローターを入れて、待ち合わせ場所にくる変態M女に育ってきています。

SM MAX

SM MAX

SMコミュニティ、出会い系など利用初心者の方はまずこちらのSM MAXをオススメします。せっかく利用するならエッチで変態がたくさんいるところが良いですよね。まずは利用してみたい、本当に会えるの?そんな疑問を持っているあなたは自分で実際に利用して確かめてみることです。

飛翔する飛翔する